YouTube攻略2014年、3つの理論について

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



youtube再生回数増やす

2013年6月、YouTube One Channelを研究し始めてはや10ヶ月。この10ヶ月で2つの理論が完成した。

一つは、YouTube24。

こちらは、

集客チャンネルと教育チャンネルという
目的の異なる2つのチャンネルを立ち上げ、
集客⇒教育へとアクセス遷移して行く事で
自分のビジネスの巨大集客メディアと
していく方法。

たとえるならば、

集客チャンネル=【TVのCM】

<続きはWEBで>

教育チャンネル=【自社サイト】

ってイメージ広義で
広義のマスメディアの戦略に近い。

>メリットとしては、

ゼロからYouTubeを学ぶ事ができ
YouTubeでアクセスを集める感覚を
つかみながら、自分のビジネスの
チャンネルを育てていく事ができる。

アドセンスの収入も意外に嬉しい。

>デメリットとしては、

集客チャンネルと教育チャンネルの
アクセス遷移の過程で
ターゲットのズレが発生しがちで、
教育チャンネルを育てきれずに
ドロップアウトしてしまう危険性が
あるということ。

YouTubeのインターネットメディア
的な側面の可能性、SEOやSNSの
機能を引き出す事ができない可能性あり。

もう一つは、YouTube微分論。

こちらは、

微分の概念を応用して、
自分のメインチャンネルを
超高速で立ち上げて
一気に収益化する形。

>メリットとしては、

マーケティングの「絞る」概念を
単語レベルで落とし込む事ができ
動画のSEO機能とSNS機能を全開に
テストマーケティングしながら、
チャンネルSEOを実現できる事。

と同時にリスト取りの機能は
こちらが圧倒的に優れている。

YouTube動画広告向けアドワーズ
と相性が良いのもこちら。

>デメリットとしては、

最初、キーワード選定にミスると
アクセスが増えるまでに時間がかかり
「いつまでやるんやろ?」
とドロップアウトしてしまう事。

YouTubeのマスメディア的可能性を
引き出す事ができず、再生回数が
ショボイままになる。

理論は現実を100%説明できない。

2つの理論は、
相互補完的な関係にある。

コンサル的な仕事をするならば、
微分論の方が使えるし、

自分で色々と可能性を模索したいならば、
24の方が使えるだろう。

そして、

おそらく、

第3の理論があると思っている。

それが、ズバリ、

Youtube Tears Strategy(仮)

これは、

1個の強烈な動画を完成させ、
動画広告向けアドワーズと
とあるサイトの合わせ技で、
強制的にバイラルを起こし、

YouTubeのトップ画面に
長期的に居座る事で

100万再生を実現し一気に
自社の宣伝をしてしまう方法。

>デメリットは

少々初期コストがかかるという事。

だからこれは大企業にこそ刺さる方法だろう。

もちろん、僕自身がまだ100万回
再生をしたことないので、
未完の理論ではある。

たぶん、

この3部作を持って、
僕のYouTubeの理論的な研究は終わるような気がしている。

もちろん実践は続けるけど。
特に動画広告向けアドワーズとかは。

まとめると

【24】  ⇒個人向け
【微分論】⇒店舗向け
【Tears】 ⇒大企業向け

という感じ。

かなーりカッコつけて書いてみたww

YouTuber隊長メルマガ

この記事が役に立ったって人はぜひシェアして下さい。
デスクトップ

YouTube再生回数増やすというキーワードで1位になっていました(笑)

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


こんにちは。

最近なんだかこのサイトのアクセスが
多いなぁと思っていたら、

YouTube 再生回数 増やす

というキーワードでヤフー検索1位に
なっていました。

youtube再生回数増やす

そりゃ、アクセスくるわなぁ〜。

僕がYouTubeを真剣に研究しだしたのは、2013年の7月くらいだからまだ一年も経っていないです。

それで検索1位にくるんだから、よほどライバルが弱いんだと思います。

いやマヂで。

なかなか再生回数を公開してモノを言える人って少ないんですよね。

youtube再生回数増やす

このアクセス解析は私が一番初期の頃にアップした動画のものです。もう時期1万再生いきそうですね。完全オリジナル動画ですし、顔出しも名前出しもしていません。

これね。

9ヶ月で10,000再生ですからまぁいいんじゃないでしょうか。コメント欄を見てもある程度は評価されているみたいですし。

なぜこの動画が1万回までいったのか?と言えば、動画を作る前にきちんとキーワードを調べたからです。こういう単純な一手間ができるかどうかです。

・Googleの検索回数とYouTubeの検索回数
・競合の動画の再生回数
・Googleトレンドサーチ

などなどですね。これらを事前に調べて、よしこのキーワードはいけそうだなと思ってから動画を作らないとダメですね。インターネットメディアの良さが引き出されません。

ちなみにキーワードは「引き寄せの法則 効果」です。

これらを意識して、タイトルと説明文とタグを設定して、さらにチャンネルキーワードも意識していけば、チャンネルSEOもかかってきますから良い感じですよね。

そして、当然ですが、このWPサイトもインターネットメディアです。ですから、この文章を書きながらも、うっすらとキーワードを意識しながら書いているんですね。これがナチュラルなSEO対策でもあります。

このブログが読者にとって意味があるかどうかは分かりませんが、アクセスが来ている事、そしてGoogle様が一番に持ってきてくれていることを考えると、

YouTube 再生回数 増やす

という「問い」に対する「回答」としてのこのサイトは一定の価値があるのかなと思ったりもします。

...っていう思考ですよ、大事なのは。

YouTubeを使えば1日2万人以上の人に宣伝することができます。一緒にやりませんか?

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


月間50万再生達成しました

こんにちは、

隊長です。

上のグラフをご覧の通り、月間50万再生を達成しました。

 


このチャンネルをスタートしたのは、2013年12月5日

わずか2ヶ月で月間50万回見られるメディア媒体を持つ事ができました。

無名の人間が、顔出しせずに、たった2ヶ月で1日2万回も再生されるメディアを自社所有する事ができるのです。

 

コレは事実です。

どう思いますか?

これがYouTubeです。

 

もし、あなたがビジネスを真剣にやっているのなら、
この爆発力を取り入れない理由はありますか?

 

もし、あるのなら教えて下さい。

ないですよね?

誰しも自分のビジネスを宣伝したいと思っているでしょう。

 

1日2万アクセスを集めるアメブロを作れるって言えば、芸能人レベルです。

 

それをわずか2ヶ月で達成することができる…少なくともその可能性は十分にある。

 

商売人としてコレに取り組まずして何をするのでしょう?

Twitterもいい、Facebookもいいでしょう。

 

でも、「結果」出てますか?

YouTubeは「別格」です。

なぜなら親会社が天下のGoogleだからです。

インターネットはGoogleを中心に動いています。

同じSNS系列のGoogle+もすでにYouTubeとドッキングしています。

つまり、これからFacebookもGoogle+にジリジリとパワーを奪われていきます。

検索:Google

SNS:Google+

動画:YouTube

これが揃っている状況で我々経営者が何をやるべきか、考えてみれば火を見るより明らかです。

もし「た、たしかに…」と少しでも思うなら、
YouTubeにトライしてみる事をおススメします。

 

大丈夫です。

私もいまだに編集もうまくありませんし、ビデオカメラも持っていません。

それでもコレくらいはやられます。

ですから、あなたでもできると思います。

私がYouTube情報を基礎から分かりやすく伝えているYouTuber隊長メルマガというのがありますので、もし良ければこちらのメールを受信して下さい。

クリック

YouTube入門

【書評】神田昌典 不変のマーケティング【レビュー】

【書評】神田昌典 不変のマーケティング【レビュー】

【書評】神田昌典 不変のマーケティング【レビュー】

2000年当時某コンサル会社のコンサル300人が束になったもかなわなかった神田昌典。

全盛期の顧客獲得実践会のニュースレターが書籍になって、喜んでいたのだが…

レビューをしてみました^^

ピンクの本が出た2000年くらいは私、大学生でした。

なんか目立つ本やなぁと手に取った事を覚えています。

それから10年、私も会社を経営するようになりこの本の持っているすごみみたいなものを再確認しているところです。

不変のマーケティングというタイトルがついていますが、まさに普遍的な魅力があるマーケティングです。オフラインのビジネスを私もやっているので、あらためて取り組みたいメソッドが満載です。

ただ、残念ながら。。。なぜ、今コレなのか、と。

レビューでも言いましたが、神田先生は「違う方向」に言ってしまわれたと感じています。

本来ならば、「非常識なマーケティング2014」を神田さんなりの解釈で出すべきなのですが、それが出て来ずにこうして過去の名曲をまとめたベストアルバムを出してくるというアタリに、彼の限界を見た気もします。

まぁ仕方ありません。

これからは私たちがこの本の次を定義していかなければならないのですから。

私のYoutubeメディア構築論に興味のある人はこちらからご登録下さい。

YouTube24通信講座は、あなたの未来を変えるか?

YouTube24通信講座は、あなたの未来を変えるか?

YouTube入門教材

さっき思いつきで書いたこの記事だけど、、、

売り込まずに売れるって何だろう?

コレを書いた後、

あらためてYouTube24通信講座の内容を全部読み返し
自問自答してみた。

・値段は適正か?安すぎないか?高すぎないか?
・分かりやすいか?
・バカ丁寧すぎて思考力を奪っていないか?
・そもそも実践しやすいか?
・0⇒1にするノウハウか?
・1⇒100にするノウハウか?
・100⇒10000にするノウハウか?
・受講者は結果を出しているか?
・不測の事態にフォローできる窓口はあるか?
・私を上回る人を輩出できる可能性を秘めているか?
・【1】と【最終号】に矛盾はないか?
・著作権的なことに齟齬はないか?
・YouTube本体の変化に対応することはできるか?
・成功事例は豊富か?失敗事例は豊富か?
・ノウハウとして、発展性はあるか?
・配信ペースは適当か?
・YouTube以外の新メディアが現れた時に応用が効くか?

これらを冷静に見てみたが、問題ないと思う。

「…と思う」と書いた理由は受講者全員にヒアリングできていないから。

間違いなく言えるのが、

受講者の未来を変える通信講座だってこと。

良くも、悪くも。

良い=あたらしい情報発信のメディアを手に入れ、自分の影響力が増す

悪い=あたらしい情報発信のメディアを手に入れたが、伝える事がそもそも弱く、愕然とする

バラ色になるかどうかは約束できないが、
強烈に自己反省を促す仕組みである事は間違いない。

自分のステージが変わる。

ことは間違いなさそう。

YouTube24通信講座、レター少し新しくしました♪

こちら

そろそろWEBページにするか…(苦笑)

バーとお金とYouTube集客。

バーとお金とYouTube

店舗集客YouTube

昨日、阿波座にあるシェリパラ11
というBARに連れて行ってもらったので、
BARの売上をどこまでもあげる提案というのを書いてみる。

二日酔いのリハビリがてら….

通常BARの売上はアッパーがあるので
天井は決まりやすい。
席数が一定で営業時間も一定だからだ。

この天井をぶち抜く発想だ。

これは逆転の発想というか、BARという概念を捨てることだ。

BAR=酒を出す場

ではなく、

BAR=イベント会場 with 食べ物と酒

ってこと。

分かりやすく
お誕生日会プランみたいな(ネーミング命)
プロポーズプランでもいい(ネーミング命)

このパッケージを高額プランで売る。

ようするに結婚式場などのハレの日イベントのシェアを奪う。

2時間で10万みたいな。

集客は?

簡単。

FACEBOOKにイベントのリアルタイム写真連発

YouTubeのイベントダイジェストの動画投稿。

FBの写真投稿にYouTubeのリンクを入れるのがポイント。

これでそのBARとイベントの存在が知れ渡る。
(だからこそプランのネーミングが大事。)

イベント時には
「写真担当のバイト」を一人入れて
写真を取る⇒FBアップ⇒取る⇒FBアップ。

もう一つはセミナー会場として貸し出す。

実は俺もそうだが安いセミナー会場を探している人は多い。

5人とかで少人数勉強会をやりたいとかね。

これは「2時間1万」とか。

集客は?

こちらは単純にブログの記事更新でOK!

梅田 セミナー会場 激安

みたいなドンズバのキーワード入れておけば
検索経由で勝手に来ます。

YouTubeの動画タイトルでやったらSEOも強いからなおよし。
会場の広さとか設備とか説明してあげたら親切。

お料理教室の会場として使いたい人もいるかもね〜。
水回りもついてるし。

もう一つはBarの壁を貸し出す。

ここは広告代理業ならではの発想だろう。

壁を広告スペースとして。

バルクで売る(※ここポイント)

月額課金で月1万円×12ヶ月。

チラシやリーフレットを挟み込み
できる壁シートみたいなのを作り、
ぶら下げる。

地域の美容院や整骨院や飲食店は
広告を出してくれる。

集客は?

これこそポスティングだ。

Barはビルの一室に入っているはず。
まずは自分のビルをスタートに。

次は、オフィスビルというビルに
ポスティングだ。

地域絞ってFAXDMでももちろん構わない。
この場合は業種は絞らない。
1地域1業種1社にする(※肝/解約防止になる)

ウチの壁に広告出しませんか?初月無料です。

んで契約してくれたお店のことは
積極的にBARの接客の中で紹介してあげる。

BARのマスターが会話の中で

あそこの整骨院いいですわ〜

といえば、実にナチュラルだろう。

===

①と②ともに「お昼の営業」に使えるから「夜の売上」に+できる。

③はまさかの月額課金^^

んで

上記、①と②の③のノウハウをDVDにして売る。

売り方?

簡単。

「6坪の店が満席になる方法を教えます」
というタイトルで全国の飲食店にFAX DM。
安心と信頼の全額返金保証付き。

ここも微妙にズラす。

同業者のBARに売るのではなくて、
ふつーの飲食店に売る(※ここ大事)

小さいBARでできたことだから
あなたのお店でできないはずはありません!

というキャッチで。

FAX DMにはQRコードでYouTube動画URLをはり
DVDのダイジェスト版動画へ誘導する。

そのQRコードの誘導数を短縮URLで測りつつ、
FAX DMからの成約率を見る。

。。。

なんか書いてて飽きてきたのでw

ここで投稿〜♪

会社にばれない副業、教えます!ホリエモンの理論を応用!

会社にばれない副業、教えます!ホリエモンの理論を応用!
 
 「50%が失業? ITの進化で20年後に消えてしまう職業一覧」というお恐ろしい情報が公開されていますね。
 
 ⇒ http://blogos.com/article/79223/
 
 オックスフォード大学マーティンスクールにて「コンピューター(ロボット化)の影響を受けやすい未来の仕事」に関する調査レポートが発表ですから、これは気になります!
 
 コンピューターによって代替される可能性の高い仕事TOP20は以下の通りです。
 
 680位 調達事務員
 681位 パッケージング&充填機械オペレーター(★)
 682位 銅版画工と彫刻師
 683位 受付、レジ係(★)
 684位 スポーツの審判
 685位 保険鑑定士
 686位 融資担当者
 687位 オーダーを受けるスタッフ(★)
 688位 仲介スタッフ
 689位 保険の集金者
 690位 組み立てラインスタッフ(★)
 691位 データ入力者(★)
 692位 図書館技術者
 693位 新規顧客アカウント作成スタッフ
 694位 写真処理労働者及び加工機オペレーター
 695位 税務申告者
 696位 貨物の荷積みスタッフ及び代理店
 697位 時計の修理工
 698位 保険引受け業務
 699位 数理技術者
 700位 裁縫師
 701位 タイトル審査・調査
 702位 電話営業(★)
 
 (★)は私が入れましたが、これらって確かにすでに私達の実感としてありますよね?
 
 この動画を見て下さい。
 
 ⇒ http://youtu.be/98BIu9dpwHU
 
 なんとAmazonが広い倉庫から荷物をピックアップし、小さいタケコプターみたいなのが各家庭に配送している図です。
 
 これはSFでもなんでもなく現実に起こっていることなんですね。
 
 アマゾン、30分以下で届ける小型無人8翼ヘリPrime Air を公開。実用化は2015年以降
 
 ⇒ http://japanese.engadget.com/2013/12/01/30-8-prime-air-2015/
 
 上のヘリの動画を見た後にあらためて(★)を見るとめちゃめちゃリアリティを持って迫ってきませんか?
 
 私たちはこれから少しずつ今のスキルにプラスする形で新しいスキルを追加していき、新しい仕事スタイルを模索する必要があります。
 
 でも普段の仕事をやっている時にどのようにしてスキルをプラスしていけばいいのか?
 
 と考えるとやっぱり平日の夜は土日をいかして、何らかのスキルを習得するしかありません。
 
 しかも資格取得に走ってしまってはいけないですよね?
 
 もしかしたら20年後に必要なくなる資格をとってしまっては目もあてられません。
 
 つまり、今の自分をクリエイティブにする方向&お金を稼げる方向という2つの視点で「副業」をセレクトする必要があるわけです。
 
 そしてサラリーマンの方が、会社にバレないようにしないといけませんから、会社バレしない副業をセレクトしつつ、スキルもアップデートしないといけません。
 
 どんな副業を選択すればいいのか?
 会社バレしない副業とは何か?
 
 ホリエモンの言葉を引用しながら動画で解説してみました。
 
 ⇒ http://youtu.be/esBPXcW9upg
 
 参考動画
 
 ①大切なことはすべてYouTubeが教えてくれた
 
  http://youtu.be/DDduvDLieSs
 
 ②普通の会社員でも月1万円の不労所得(印税収入)をGETする
 方法
  http://youtu.be/yHVwgbjXG0U
 
 ③14日間でiPhoneを使って好きを仕事にする方法
 
  http://youtu.be/zPHGwtsjrns
 
 YouTuber隊長メルマガの登録はこちら↓
 
  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=190162

【検証中】音楽×YouTube=Youtube M式

YouTubeでミュージシャンがブレイクする

YouTubeを使うと色々なことが
できるわけですが、

炸裂するだろうなぁと思うのが
やはりミュージック!!!!

音楽というコンテンツを載せるメディアとして
Youtubeは、相性がいいんでしょうね〜

ちなみにクドいけど、

【YouTube=動画】

だと思っている人は間違っているから。

んで、

無名のミュージシャンを有名にする方法

ですが、ほぼほぼ、答えは見えている。
※セミナーでも喋ったけど

ただ、

このノウハウは

ミュージシャンの本質を否定する事と
≒だから積極的に「やってみなよ!」とは正直、言いにくい。

昨日の、

後発の税理士がYouTubeで顧問を取る方法

みたいにハッキリと書かないし、
書いても響いて欲しい人に響かないはず。

商業的に売れる為に(※目的)
ミュージシャンの人には
捨ててもらわないといけないことがある。

ただ、それをいきなり「捨てろ!」といっても…

なんでやん?
オマエ、誰やねん?
そもそも音楽でメシ喰ってないやろ?
だいいち、名字長いねん!

ってフルボッコで怒られると思う。

なので一番良いのは

リアルタイムの実況中継型の成功事例だと思う。

ミュージシャンの人に興味を持ってもらい
このノウハウを積極的にトライしてもらう
ためにはこれしかない。

Facebookを見ている人は分かると思うけど、

2013年の9月くらいから

私は、

・ YouTube始めるよ〜
・ やったー1,000回突破した〜
・ やったー10,000回突破した〜
・ やったー100,000回突破した〜
・ よーし、大阪でセミナーやるよ〜
・ よーし、東京いくよ〜
・ 通信講座作ったよ〜
・ 税理士向けのノウハウ仮説できたよ〜

とリアルタイムで公開してきました。

私という人間が
YouTubeというメディアに飛び込み
結果を出し、
事例を作り、
セミナーを行い、
ノウハウにまとめ、
一つの商品に仕上げる様子を公開してきました。

この実況中継感。

伝わっている人には
伝わっているみたいで

あなたは「リアリティ」の人だ、と。

「ナチュラルなプロダクトローンチだよね?」

とのナイスなご指摘も頂きました。

今回のM式も同じです。

・ 名前を明かさず
・ 顔も出さず
・ 素性を明かさず

ただのヘビメタマニアの俺が(無名)

・ 一本動画アップしたよ〜
・ 10本アップしたよ〜
・ 1万再生いったよ〜
・ 10万再生いったよ〜

と、音楽のネタで「万単位」のトラフィックを集め
「無名」から「有名」になることができれば、
これは本職の音楽家の人も無視出来ないはず。

コレを見ている人の中には
音楽的素養のある人も多いから
興味を持ってくれること間違いなし。

っていうか

このノウハウ、完成したらあげるから
勝手に売ってくれ。

コンセプトが刺さり、
チャンネル登録者数が
1000人ともなれば、
もう成功は間近でしょう。

コンセプトがある程度刺さってないと
1000人いきませんから。

そっから1万人はあっという間。

あとは、リアルに
ライブのハコも埋まるでしょうし、
CDもそこそこ売れるでしょう。

また、

それだけチャンネル登録者数が増えていれば、
アドセンスの収入だけである程度、喰っていける。

「無名」の「ど素人」が
自分の好きな音楽だけで
メシを喰っていけるノウハウ。

YouTube M式

これを、身をもって示したい。

何度も言うけどYouTubeはメディアであり
「中間」にすぎない。

どんな「コンテンツ」を
どういう「コンセプト」で流すか?

という最初の「設定」がすべて。

※この設定を間違えると
動画を投稿して投稿しても
再生回数が伸びない。

Youtube M式

は、

ノウハウとしてプロトタイプに過ぎず
検証が甘い。

帰納法的に導かれただけで
船井総研的でしかない。

前提が真であるからといって
結論が真であることは保証されない。

前職時ならば
このタイミングでセミナーをするんだろうが(爆)

これから

おれ(無名)

という人間を通して、Youtube M式が
きちんとノウハウとして機能するか証明したい。

興味ある人は
私の七転八倒ぶりを
ニヤニヤしながらご鑑賞下さい。

こんな感じでこれからは
YouTubeを利用した細分化された
ノウハウを丁寧にまとめていこ〜

がんばろ〜。

【最新】後発の税理士がYouTubeを使って顧問契約を取る方法

後発の税理士がYouTubeを使って顧問契約を取る方法

うーん、なんとも挑戦的なタイトルだ。

ただ、これ、ほぼイケルと思う。

現在、税理士のクライアントはいないので好き放題書くぜww

まず前提としてPPC広告は
PC&スマホとも単価が高騰している。

1クリック500円〜800円みたいな。

これを前提とした方法論。

この時期、各事務所ともPPC広告の攻勢を高めてくるころ。

検索上位のそのまた上に炸裂する
PPC広告の優位さは揺るがない。

しかし、そんな赤い海にも穴場はある。

それが、

YouTube動画広告アドワーズだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コレやってみたら分かるけど鬼単価安い。

顧問を考えようとしている人が
気になる内容の動画を作成し、
動画そのものに広告をかけるのだ。

広告費1万以下で、1件顧問が取れると思う。(※勘)

では、具体的にSTEPで説明する。(なんて親切!)

【STEP1】:自分のホームページでアクセス解析を見て成約キーワードを探す

※ここは少しこれまでの蓄積がモノを言うかも。
※ただ、このSTEP1がなかったとしても、動画の量産によりカバーできるはず。



【STEP2】:YouTubeを見て、見込み客が見そうな動画を探す。

※たぶん「確定申告のやり方」的な動画だと思う。



【STEP3】:STEP2で、再生回数が回っている動画のタイトルを抜き出す。



【STEP4】:「全く同じタイトル」×「地域名」で動画を作る。

例:

【動画で解説】吹田の税理士が分かりやすく教える初めての確定申告の書き方

たぶん、こんな感じ。あとは調べてね。

顔出しも必要ない。淡々と書き方を解説すれば良い。



【STEP5】:4で作成した動画にYouTube動画広告を出稿する。

◀添付の画像の赤枠の部分。
◀緑色の丸い部分を押すと動画の出し方は分かる。

税理士がYouTubeを使って顧問を取る方法

「広告出稿地域」も絞れるのでムダ打ちは無い。
あまり再生回数が増えないようなら対象地域を拡大して下さい。

動画の最後には、連絡先を入れておいて下さい。

もちろん「YouTubeを見た」と言ってくれれば
ちょっとサービス的なおトク感の訴求は忘れずに。



【STEP6】:広告が出始めたのを確認して、STEP1から繰り返し、動画を10個ほど作る。

①【簡単】吹田の税理士が分かりやすく教える確定申告のやり方
②【必見】吹田の税理士が分かりやすく教える領収書の分類の仕方
③意外と簡単!個人事業者の初めての確定申告 吹田市の税理士

こんな感じ。

たぶん税理士の方ならネタはたくさん思いつくはず。

余談だけど作った動画は、「来年も使える」から動画は「数」を作れば作るほどいいですよ〜。

====以上====

「税務の書類の書き方を動画で見たい!」という人は絶対にいる。

だからそこをYouTube広告で一本釣り!

スマホPPCの次にくるのは
YouTube動画広告向けアドワーズだ〜

この方法論、

サムライ業全般にいけるとおもいますよ〜。

詳しく知りたい人は連絡下さい。

コンサル付きで教えます。

高額で^^/

※タダ乗り防止。最近多いのよね〜w

YouTubeはメルマガリストが取れるよ2014年。

YouTubeメルマガリスト

昨年11月末から本格的に
YouTubeで見込み客リスト集めるぞ〜

と思い、
コツコツとリスト取り機能を
持った動画をアップしているのですが、

実によろしい^^/

1日4件登録の日も増えてきた。

月100件ペースだ^^

基本的な動画の構成としては
動画を見てもらってもっと
知りたい方はこちら〜って感じ。

とても単純な構成。
(※もちろんそこにコツがあるわけだが)

これからはLPよりもLVだなって思う。

LP(ランディングページ)
LV(ランディングビデオ)※隊長命名

もちろんLPの存在を否定するわけではない。

ただ、現実問題として
LP作るのって何気に大変でしょ?

金もかかるし時間もかかるしセンスもいる

キャッチコピーどうしよう?
デザインどうしよう?

って悩む時間があるんなら、
自分の伝えたい事を心込めて話す
動画を1個、また1個とアップしていけばいい。

イメージとしては
ツイッターでつぶやく感じの動画版?
みたいな。

LPは作った後、
さらにアクセスを集めなきゃいけない。

でも
LVの場合はワンタッチでできる。

動画一つ一つが
リスト取り機能をもっていて
1個1個がアクセスを集めてくれる。

動画なんて俺、
いまだに下手っぴだと思う。

でも、コツコツと作っていけば
DJっぽく喋れるようになるし、

どんな動画が、再生回数が
増えるのかも分かってくる。

YouTubeユーザーの好みも分かってくる
(※超〜重要。属性理解。)

結局、

ブログ1記事書くよりも
動画を1個作る方が、

SEO的にもアクセス的にも
おトクな今日この頃。

添付は僕が12月10日くらいから
リスト取りを本格的にスタートした
チャンネル経由のメルマガ登録ペース。

アスメルの画面ね。

1個1個の動画が、50回〜100回
再生くらいしか回ってなくても
コレだけ入ってくる。

成約率は再生回数ベースで1%くらい。

今、この手の動画が15個くらいしかないけど
動画が100個単位になってきて
再生回数が伸びたらこの10倍は入ってくると思う。

YouTubeのそこら中にLPが
バラまかれてるのと同じだから
そりゃ入ってくるよね〜と。

YouTubeの再生回数アップは
もちろんのこと、そんなリスト取り
の話もカバーしているのが、

動画とレポートも用意してあるよ〜。