YouTubeのペナルティーの中で最も重い?「Adsenseアカウントに関連づけられた全てのアカウントでの収益無効化」について

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


今日はちょっとネガティブな話しになります。

Youtubeの数あるペナルティーの中で最も重いとされている「Adsenseアカウントに関連づけられた全てのアカウントでの収益無効化」について情報をまとめておこうと思います。

私もこのブログを運営していくために、実験中のyoutubeアカウントを多く保持しています。そして、攻めに攻めているチャンネルもあるのでYoutubeからの著作権侵害まわりも情報が集まってきます。

今日のテーマは、一番ペナルティが重いと考えられる「Adsenseアカウントに関連づけられた全てのアカウントでの収益無効化」です。

ちなみにこの措置は「アカウントの停止よりも重い措置」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

youtubeアカウントが残っているにも関わらず、です。「危険人物」認定されたと言えます。それだったら一思いにYoutubeチャンネルを飛ばしてもらい、ゼロからスタートした方がまだマシと思えるほどです。

現在のアドセンスのアカウントの仕様では、最低でも6ヶ月間はyoutubeからの収益を受け取ることができません。私も半年が経ち、ようやく復活した事例「YouTubeの著作権侵害でペナルティが解除されるまで」を経験しています。

結論として、待つしかありません。

この場合、通常のブログのアドセンスは受け取れるはずですので、アドセンス自体は生きていると言えます。

そこで多くの人が考える事は、「youtubeアカウント(Z)を追加で作り、アドセンスをそちらに乗せる」「収益無効化になったチャンネルにある動画をすべて新しいYoutubeアカウント(Z)に転載する」ということです。

これ、無理があります。なぜならあなたの財布はアドセンスただ一つだからです。

YoutubeアカウントA、YoutubeアカウントB、YoutubeアカウントC…、これら3つにアドセンスアカウントXが載せられていたとしましょう。

YoutubeアカウントAが原因となり、BもCもすべて収益無効化になった、その張本人がXの持ち主です。そのXにあたらしいYoutubeアカウントZが紐づけられたら、Youtube本体はどう思うでしょう?

「あ、このZも容疑者Xの所有物だな。うむ。このアカウントZも同じく100%要注意だな。」

と全力でマンツーマン・マークされます。これ、簡単にイメージできますよね?

だからもし仮にAがチャンネル削除になって、BとCの収益化がプールされているなら、まだマシなのです。Zに対する観察処分も生き残ったBとCと同レベルでしょう。要注意かもしれませんが、A、B、C、全て無効化になるよりも一段階マシな状況です。

たとえるならば、一度、免停になった人が車を買ったら、また暴走するんちゃうか?と思われるわけです。いわば、あなたが免停になったのか、減点になったのか、の違いです。

ですから結論として、待つしかないのです。

もし新YoutubeアカウントZを作ったとしても、そのアカウントを育てる事はできますが、決してアドセンスXと紐付けてはなりません。つまり、そのZからお金は生まれないということです。

だから、待つしかないのです。

もし残されている道がたった一つあるとすれば、「別名義にてAdSenseアカウントを申請する」ことしかありませんが、これまた鬼ほど大変な道です。

なぜなら、アドセンスXとは、別名義ということを、最後の最後まで貫き通さなければならないからです。

IPアドレスも、ということです。パソコンには固有のIPアドセスがふられており、アドセンスXにもメインとなるPCのIPアドレスが認識されていることでしょう。つまり、同じパソコンから別名義のアドセンスを申請するとバレてしまう可能性があるのです。

またさらに、

・アドセンスXで使用した審査用ブログを使わない
・アドセンスXと同じメールアドレスを使用しないこと
・アドセンスXと同じ住所を使わない(例えば、自分の実家の住所、奥さんの実家の住所)
・アドセンスXとは違う名義を使う(例えば、屋号、法人名義、奥さんの名義)
・アドセンスXと同じ銀行口座を使わない

などの事を考えながら必要があります。これはちょっと正直シンドイ道です。

ですので、「Adsenseアカウントに関連づけられた全てのアカウントでの収益無効化」だけは避けなければなりません。世界的なコンテンツID ブロックだけはしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

チャンネル登録者数が1,000人になったんで、チャンネルの現状を数値分析してみたよ!

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


ありがとう、ありがとう。

チャンネル登録者を増やす

チャンネル登録数が1,000人を超えました。大変喜ばしいことです。

このサイトは、YouTubeメディア戦略戦術戦闘実験研究分析DATA公開ブログですから隠し事は無用。このコラムでアナリティクスの数字を色々な角度から取りあげつつ分析してみましょう^^

以下5つの視点から分析してみよう。

① 人気動画順
② チャンネル全体の平均再生時間
③ 各動画の再生時間
④ 関連動画経由のアクセス数
⑤ Youtube検索経由のアクセス数
⑥ 閲覧している端末
⑦ ユーザーの属性

これら①〜⑦を検証していくことで、どのくらいの時間、動画を見えていて、どのくらいの時間で飽きているのか?またどこからやってきてその経路のユーザーさんはどれくらいの時間見てくれているのか?推測する事ができます。

それでは一つずつ見ていきましょう^^

① まずは人気動画順にを並べ替えてみる。

youtubeチャンネル登録者数増やす

なかなか満遍ない感じです。ちょっと見えにくいので拡大。

人気動画の再生回数

② 次はチャンネル全体の平均再生時間を見てみると。

そして、動画の平均再生時間は、4分14秒。ということで50%くらいは動画を見てくれてるんですね〜。感謝です。嬉しい事です。

平均再生時間

③ さらに各動画の再生時間はどれくらいでしょうか?

動画の再生時間

一位から順に、6分30秒、5分、5分33秒となっていますね。こんなにたくさんの動画がある中で5分も見てくれるなんて光栄っす^^

④ トラフィックソース:関連動画からのアクセス数を見てみましょう。

youtube関連動画経由のアクセス

月間の再生回数11,168回で、全体の54%が関連動画経由のアクセスになっており、推定再生時間も50,272ということで全体の57%になっています。平均再生時間も4分30秒ということで、②のチャンネル全体平均4分14秒とぴたり一致しますね。

⑤ Youtube検索経由のアクセス

youtube検索

⑤のYoutube検索とクリックするとこのようなキーワードから来ています。ピンクの枠のところを見ると軒並み再生時間5分を超えており、②のチャンネル全体の再生時間よりも長いです。目的を持って検索してきた人はじっくりと見てくれる事が分かります。当然この人達が、チャンネル登録してくれて、僕のメルマガ読者にもなってくれるわけです。

⑥ ユーザーが使用している端末

閲覧デバイス
パソコンが48%、携帯が43%、タブレットが7.5%。という結果、もう半分がスマートフォン関連のアクセスですね。

スマホ携帯電話OS
携帯電話を詳細に見てみるとやはりiOSとAndroidがほぼすべてです。

PCのデバイス別
パソコンの項目を見てみると、なんと圧倒的なWindows使用率92%!!!

なんだこりゃ!!!って思っていたら…

⑦ ユーザー属性

チャンネル閲覧ユーザー属性

⑥のパソコンのWindowsの使用率にビックリしつつ、この属性を見れば、みょ〜に納得^^

35歳〜54歳のオジさんが多い!

おそらく、会社のPCを使ってこのチャンネルを見ている、もしくは、家にある買ってからすでに5年くらいたっているWindowsを使って見ている人が多いのかな???もしかしたらOSは Windows XPかもしれませんね 苦笑

35歳〜54歳のオジさんがWindowsのマシンに向かって「引き寄せの法則」と検索する…。一体何に悩んどるんや!!!!と思うわけですね。

こんな感じで色々と分析する事ができますね〜。

この①〜⑦のアナリティクスの分析数値、コレだけ見れば、ただのデータに過ぎません。

大切なのは、これら数値を分析し、傾向を導きだし、今後のチャンネル運営に活かす事です。僕はYoutubeを攻略するにあたって2つのロジックを駆使しています。

一つは通信講座にもなっている『Youtube24』のロジック、そして『微分論』のロジックです。これら2つの理論を時に織り交ぜ、時に独立させながらYoutubeを攻略していくのです。

もし、これら私の開発したYoutube攻略ロジックに興味があれば、こちらからメルマガ登録しておいて下さい^^このブログの情報を整理整頓して分かりやすい形でお届けしていきます。

youtube実践ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0