YouTubeを使えば1日2万人以上の人に宣伝することができます。一緒にやりませんか?

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


月間50万再生達成しました

こんにちは、

隊長です。

上のグラフをご覧の通り、月間50万再生を達成しました。

 


このチャンネルをスタートしたのは、2013年12月5日

わずか2ヶ月で月間50万回見られるメディア媒体を持つ事ができました。

無名の人間が、顔出しせずに、たった2ヶ月で1日2万回も再生されるメディアを自社所有する事ができるのです。

 

コレは事実です。

どう思いますか?

これがYouTubeです。

 

もし、あなたがビジネスを真剣にやっているのなら、
この爆発力を取り入れない理由はありますか?

 

もし、あるのなら教えて下さい。

ないですよね?

誰しも自分のビジネスを宣伝したいと思っているでしょう。

 

1日2万アクセスを集めるアメブロを作れるって言えば、芸能人レベルです。

 

それをわずか2ヶ月で達成することができる…少なくともその可能性は十分にある。

 

商売人としてコレに取り組まずして何をするのでしょう?

Twitterもいい、Facebookもいいでしょう。

 

でも、「結果」出てますか?

YouTubeは「別格」です。

なぜなら親会社が天下のGoogleだからです。

インターネットはGoogleを中心に動いています。

同じSNS系列のGoogle+もすでにYouTubeとドッキングしています。

つまり、これからFacebookもGoogle+にジリジリとパワーを奪われていきます。

検索:Google

SNS:Google+

動画:YouTube

これが揃っている状況で我々経営者が何をやるべきか、考えてみれば火を見るより明らかです。

もし「た、たしかに…」と少しでも思うなら、
YouTubeにトライしてみる事をおススメします。

 

大丈夫です。

私もいまだに編集もうまくありませんし、ビデオカメラも持っていません。

それでもコレくらいはやられます。

ですから、あなたでもできると思います。

私がYouTube情報を基礎から分かりやすく伝えているYouTuber隊長メルマガというのがありますので、もし良ければこちらのメールを受信して下さい。

クリック

YouTube入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【書評】神田昌典 不変のマーケティング【レビュー】

【書評】神田昌典 不変のマーケティング【レビュー】

【書評】神田昌典 不変のマーケティング【レビュー】

2000年当時某コンサル会社のコンサル300人が束になったもかなわなかった神田昌典。

全盛期の顧客獲得実践会のニュースレターが書籍になって、喜んでいたのだが…

レビューをしてみました^^

ピンクの本が出た2000年くらいは私、大学生でした。

なんか目立つ本やなぁと手に取った事を覚えています。

それから10年、私も会社を経営するようになりこの本の持っているすごみみたいなものを再確認しているところです。

不変のマーケティングというタイトルがついていますが、まさに普遍的な魅力があるマーケティングです。オフラインのビジネスを私もやっているので、あらためて取り組みたいメソッドが満載です。

ただ、残念ながら。。。なぜ、今コレなのか、と。

レビューでも言いましたが、神田先生は「違う方向」に言ってしまわれたと感じています。

本来ならば、「非常識なマーケティング2014」を神田さんなりの解釈で出すべきなのですが、それが出て来ずにこうして過去の名曲をまとめたベストアルバムを出してくるというアタリに、彼の限界を見た気もします。

まぁ仕方ありません。

これからは私たちがこの本の次を定義していかなければならないのですから。

私のYoutubeメディア構築論に興味のある人はこちらからご登録下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTube24通信講座は、あなたの未来を変えるか?

YouTube24通信講座は、あなたの未来を変えるか?

YouTube入門教材

さっき思いつきで書いたこの記事だけど、、、

売り込まずに売れるって何だろう?

コレを書いた後、

あらためてYouTube24通信講座の内容を全部読み返し
自問自答してみた。

・値段は適正か?安すぎないか?高すぎないか?
・分かりやすいか?
・バカ丁寧すぎて思考力を奪っていないか?
・そもそも実践しやすいか?
・0⇒1にするノウハウか?
・1⇒100にするノウハウか?
・100⇒10000にするノウハウか?
・受講者は結果を出しているか?
・不測の事態にフォローできる窓口はあるか?
・私を上回る人を輩出できる可能性を秘めているか?
・【1】と【最終号】に矛盾はないか?
・著作権的なことに齟齬はないか?
・YouTube本体の変化に対応することはできるか?
・成功事例は豊富か?失敗事例は豊富か?
・ノウハウとして、発展性はあるか?
・配信ペースは適当か?
・YouTube以外の新メディアが現れた時に応用が効くか?

これらを冷静に見てみたが、問題ないと思う。

「…と思う」と書いた理由は受講者全員にヒアリングできていないから。

間違いなく言えるのが、

受講者の未来を変える通信講座だってこと。

良くも、悪くも。

良い=あたらしい情報発信のメディアを手に入れ、自分の影響力が増す

悪い=あたらしい情報発信のメディアを手に入れたが、伝える事がそもそも弱く、愕然とする

バラ色になるかどうかは約束できないが、
強烈に自己反省を促す仕組みである事は間違いない。

自分のステージが変わる。

ことは間違いなさそう。

YouTube24通信講座、レター少し新しくしました♪

こちら

そろそろWEBページにするか…(苦笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0