YouTubeの教え上手になるのはホント大変…

YouTubeの通信講座作り始めて10日目。

10号まできた。

2時頃作って
8時に配信する
スケジュールが板についてきましたww

いやぁ、しっかし大変です。

3時間のセミナーならば
わーーーーーと喋るだけなので
実はそんなに難しくない。

通信講座の難しいのは、

実践をサポートする
STEP作り。

ステップバイステップって奴。

これは「順番」がほんま大事。

アカウント作ってない人に
タグの入れ方を説明しても意味ないし。

動画のタイトルを工夫できないのに
コピペ動画量産法を教えても意味ない。

【1】まずこれ
【2】つぎこれ
【3】そんつぎこれ
【4】んでもってこれ
【5】ここまできてついにこれ
【6】いよいよきたよ前半の肝が

って感じで階段を登るように
ステップ・バイ・ステップで
組み立てないといけません。

これマジ大変。

「教え方が上手」というのは
まさにこのレールの敷き方が
最大公約数的であるということ。

経験が異なる参加者がいるなかで
早すぎず遅すぎずのコントロールは
誠に難しい。。。

その隙間を埋めるようにチャットワーク等の
リアルタイムの進捗確認ツールを使いつつ、
【1】〜【5】がほんとに伝わっているか
確認していく。

チャットワークやってると、

あ、やべ

【2】のあとに【2.5】を入れて
補足しないといけねーな!

とか、

あれ〜意外に【3】が伝わってないなぁ
ちょっと説明の仕方、悪かったかな?

とか、

色々と

ステップバイステップの粗が見えてくる。

そこを修正していく。

PDCAとかいえばカッコいいけど
そんなハイカラなもんじゃなくて
結構泥臭くいじっていかないとだめ。

ただ、

このレール。

一度完成すれば
まさに不労所得となる。

だから頑張りがいがあります。

クリスマス返上、
正月返上で作りこむ
だけの価値があるもの。

YouTubeはまだまだ黎明期。

成長期に入った時に
いわゆる0⇒1を教える講座は
たくさん出てくる。

一度この講座を作り上げてしまえば、
単体で販売するも良し。

何かの商品の特典として
この講座を
くっつくてしまってもよい。

ステップバイステップさえ分かっていれば
塾的にしてがばっとするのも可能
(しないけど)

コンテンツを量的にアップして
ネット上に自分の点を残していく
のも大切だが、

コンテンツの点を結んで線形にして
一つの様式美にしておくと、

点が、すべて入り口になり、
いよいよもって自動化になる。

集客は旬のSNSを押さえてことで
どこまでもカバーできる。

がんばるぞ〜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTube通信講座、やってます。

YouTubeの通信講座を参加してくれ得る方に
さっそくchatworkのサポートがスタートしました。

一番最初からサポートするのではなくて
ある程度動画をアップする行為になれている
段階でサポートを始める。

こうすることによって、

実践していく中でちょっとここが…

という質問を集中してケアしていくことができる。

ググって答えがないものこそ
私がサポートするべきもの。

もしこれを最初から

何でもかんでもサポートしまっせ〜

となると実践が不足している人から
「YouTubeって儲かるんすか?」
みたいな質問が来ます。

これは相手にとってのためにならない。

そんなコミュニティたくさんあります。

情報をどんどん
伝えればいいって
ものではありません。

参加者の方が、

そこにバットがあるのなら、まずは振る。
そこにボールがあるのなら、まず蹴る。

その経験が先。

大切なのは、

まず触って、試してみて、接する事。

ですから、

講座開始9通目にして初めて
サポートのスタートをするわけです。

人に何かを伝えるときは、
相手が受け取る準備ができた時に
適切な形で渡さないといけません。

受け取る準備ができていない人に
ノウハウを渡したとしても
何も身に付きません。

やる気という心の準備。
実践結果という体の準備。

これら両者が揃った時に

ノウハウというのはきちんと伝わり、
相手のものになっていくのだと思います。

ヘーゲルは、

方法は実体の自己展開

と言ったと記憶していますが、

方法(ノウハウ)は
実体(わたし)の
自己展開(くっついている)

のです。

そもそもノウハウというのは
開発者オリジナルになっています。

だからそれを私から
切り離して機能していく
ものでなければなりません。

これを再現性と言いますが、
再現性は結果であって、

講座を作る人は、

自分から切り離しても
このノウハウは機能するか?

というところに注力しないといけません。

そう言う意味では、私は適任です。

動画の編集、苦手。
顔出し、したくない。
有名人でもない。
ルックス、ただのおっさん。

と四拍子揃っているからです(笑)

わたしのような

一般ぴーぽーができることだから
あなたにもできると言えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeの気持ちを考えてます?

関連動画表示

一ヶ月前にUPした動画ですけど
無事、ローリングが始まったみたい。

下のグラフを見てみると「緑」の領域がグーンと増えてますね。

全アクセスのぴったり50%が
関連動画経由になっています。

YouTubeに愛されると
たいていこんな風な比率になります。

50%を超える事は無いけど、
限りなく50%に近づいていく。

この関連動画表示って
YouTubeの肝の一つです。

ここを感覚的じゃなくて、理屈で

=============
こうこうこう、したら、
YouTube本体が喜んで、

積極的に関連動画表示してくれて

その時のタグの入れ方はこうで

説明文の書き方はこうで、、、

リンクの貼り方はこうで、、、
=============

って理解して自分で体現できることが大事。

コレを理解していないと、

オリジナル動画100本あげても
イマイチ再生回数が伸びない!

1年以上前の動画なのに
1,000回も超えない!

って事態になります。

結局、

・YouTubeが何を望んでいるのか?
・なんでブログで1万PVは大変なのに、YouTubeは割と行くのか?

そのあたりのロジックが無いと
YouTubeのアルゴリズムが読み解けず
ムダに動画をアップロードし続け、
恥をさらし続けるってことになります。

せっせせっせと自撮りしてるのに
さっぱり回っていないって
マジ寂しいです。

YouTube=動画=撮影

って思ってる人は軒並みこの
YouTubeが何をして欲しいのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていう洞察に欠けてる。

たくさんあるメディアの中から
わざわざYouTubeを選ぶわけですから
今までと同じ使い方をしてもダメですよね。

YouTubeのロジックに沿った使い方をしなければ。

我々は、YouTubeから
サーバーを無料で借りている身。

わきまえていかないと。

こちらのノウハウでさらに詳しく解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeの再生回数、1000の壁があるの知ってます?

わはははは。

さっきこのブログのアクセス解析を見ていたら、こんなのを見つけました。

YouTubeの再生回数、1000の壁があるの知ってます?

どうやら1,000回再生させるためのスパム的なサービスを売りにしている業者がいるみたいですね。

 

ばっかだな〜

 

わざわざ業者に頼まなくたって、1,000回再生させるのなんてカンタンだろ?

説明文とタイトルを工夫すればいいんですよ。

ってなんども説明してきたので手っ取り早く知りたい人は、この動画を見て、レポートをダウンロードして下さいね。

説明文のところにレポートのダウンロードリンクがありますからね。

YouTubeってやっぱり1000回の再生回数の壁があるのは間違いないですからね、それを効率よく突破する為の工夫をいくつも知っているとすぐに再生回数を伸ばす事もできるし、停滞している動画を復活させる事もできます。

アップすれば再生回数が自動で伸びるなんて都合の良いことはありません。

きちんと対策を打って、上がるべくしてあげれるようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

好きの反対は嫌いじゃない。嫌いってホントは相手の事が気になっ…

好きの反対は嫌いじゃない。嫌いってホントは相手の事が気になってるってこと。じゃあ好きの反対は?「無関心」「どうでもいい」「誰だっけ?」よーは、もっとインパクト出していかんと忘れさられるぜ!ってこと。
 
 https://twitter.com/u_ray48/status/413251292052873216

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

リーガルハイ第9話 最高裁で横分け侍の古美門勝利!しかし…敵は人たらし羽生にある。

ついにリーガルハイが第9話を迎えます。

【リーガルハイ】細かすぎるパロディ動画を集めました。

さて、いよいよ古美門が一度負けた安藤貴和の裁判だ。

第一話の復習もしておこう。

一度は破れてちょっと壊れた古美門だが、こっから逆襲だぜ。

まずはいきなりの横分けサムライの登場で出ばなをくじかれ、、、

横分けサムライ

「1つ、人よりよく喋る、2つ、不埒な弁護活動、3つ、醜い浮世の鬼も金さえもらえちゃ無罪にしちゃう!人呼んで!横分け侍!」

横分け侍

横分け侍

シリベア検事に責められ、追いつめられる古美門。

横分け

第9話

そして古美門がPSTDで崩壊、、、

ウルトラマン

使えない古美門を置いておいて、ピグモン黛頑張る。

その間に証拠を掴んだ黛が暴行にあってしまう。

黛ケガ

この演説は1部の9話を思い出させましたね。

名演説

覚醒した古美門が、シベリア検事を倒し、地方最裁に差し戻しになる!

勝利!

勝った瞬間にウルトラマンのシュワッチが出たのはご愛嬌。

勝利

やったぜ古美門、これで無敗記録継続だ!

、、、と思ったらこの勝利をも「羽生の描いた絵」だった。

なぜそれが分かるのか?

吉永慶子

吉永慶子

「慶」の字が間違えており、吉永「慶」子とメモを書いた羽生との関係が連想されてしまったからだ。

この邪悪な羽生の顔を見ろ!

羽生

そしてついに次回最終回、どうなる古美門!

今日の古美門の演説はリガールハイ1を彷彿とさせる素晴らしいものだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeでテレビ動画をアップするのは著作権違法?合法?

こんにちは、YouTuberの隊長です。

YouTubeでテレビ動画をアップするのは著作権違法?合法?

Youtubeを見ていると、良くテレビドラマや映画なんかが堂々とアップされていますよね?

これとかもそうです。

音楽なんてめちゃくちゃ著作権にうるさそうじゃないですか?

でもこうしてアップされている。

これらの動画はしばらくすると削除されるのか?

はい、でもあり、

いいえ、でもあります。

・・・

どういうことか?

しっかりと理解しておかなければいけないのですが、著作権っていうのは「Yes/No」をバチッと決めたものではないんですね。

テレビ番組=即座に著作権法違反!

というわけではない。

テレビ番組=別にいいよ〜

という場合もあるわけです。

これらが盲点となりテレビ動画をたくさん取りあげておりずっと巨大な再生回数を稼いでいる人達がたくさんいます。

ちょっと法律的な話になってしまうのですが、著作権とは、著作権者が「著作権の範囲」を定める事ができる権利のことを指しているんですね。

つまり、

例えばフジテレビが「よっしゃこれからウチの番組は全部著作権放棄します!みなさんじゃんじゃん使ってOKですよ!」と会社として決定した場合、youTubeにテレビ番組を取りあげてもOKになってしまうんです。

同じ理屈で、「全くあかんぞ。1秒でもフジテレビの番組が移ったものは著作権はウチにあるんじゃ!勝手に挙げたら即消してもらうぞ!」と会社として決定した場合、youTubeだけではなく、テレビが一瞬映っただけのiPhoneで撮った記念写真までも著作権侵害になります。

ようするに、

著作権の権利を持っている会社なり、人が「ここまでならOK!ここからはNG!」って著作権が及ぶ範囲が決定する事ができるんですね。

これが著作権法の正しい理解です。

もちろん、テレビ会社や音楽会社はそのあたりが後者のようにかなり厳しいので、「テレビ番組をアップするとすぐに怒られそう!」って誤解が生まれてしまっているわけですし、テレビ会社もそのように視聴者がもらっておいたほうが都合がいいですよね。

はい。もの凄くバッサリとしていますが、これが著作権の正体であり、一般的な解釈です。

さくっとまとめておきますね〜。

隊長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【爆撃】YouTube動画削除、理由について考察してみた。

ぐはっ。

YouTube動画削除理由

私のYouTubeアカウントがなぜか
著作権侵害を受けて消し飛んだ。

あ、あら?

そ、それ、著作権法的になんら問題ないですけど…

うーん、正直残念。

まぁいい。

アカウントは一つではないし、
全ての動画はバックアップが取ってある

再びアップするのみ。

さてさて、

そんなツンデレYouTube。

12/17日のセミナーでは
著作権法についても
ガッツリと説明します。

何気に私、法学部出身です。

著作権法。

この法律、

実は

相当に奥深く、そして
解釈の幅がむっちゃ広い。

何が正しくて何が間違っているのか、
非常に掴みづらい。

たとえば、著作権法32条の引用。

大学の論文を書いた事がある人は分かると思うが、
先人の論文を引用しながら
新たな知恵を紡ぐのが研究者のするべきこと。

研究者としては、
どれだけ多くの論文に引用されたか?
それが一つの評価でもある。

そんな著作権法。

引用の必然性、主と従の関係など
該当法規には様々なルールがあるが
メディアではこのルールがしばしば拡大解釈される。

自己保身の建前となる。

特にテレビ局。

YouTubeに「おい、これ削除しろや。」

と通達がいきます。

YouTubeは建前上「消さざるを得ない」

※みのもんたセクハラ疑惑の時はヒドかった。
※あれ、ホンとひどいよ。

なぜ?

広告の出稿主だから(お客さん)

そしてさらには

YouTubeも自主パトロールする。

「おい、これまずいぞ。早めに消しとこ」

と通達が来る。

誰からも著作権侵害が来ていないのに。

なぜ?

広告の出稿主に突っ込まれる前に
自主的に手を打てば広告主に喜ばれるから。

法的に考えれば、

テレビ番組ですら引用の範囲を踏まえて
作成すればいくらでも取り上げる事ができる。

まとめって奴ね。

インターネットメディアでは

キューレーション

という言葉で流行っているが
それもこの引用の概念の範囲内。

だから、

本来的にはかなり表現できる幅は広い。

YouTubeも実は、それは分かっているはず。

だから私の動画を削除したからといって
私のアドセンスアカウントまで剥奪してこない。

なぜか?

ここがポイントだ。

著作権法の考え方、著作「権」の考え方、著作「物」の考え方と、YouTubeの建前と本音も見えてくる。

YouTubeという
「他人の庭」を借りる身として
どう振る舞う事があるべき姿なのか?

ということもある程度類推できる。

法的な解釈を積み上げた、まぎれもない王道、
法の範囲内なのになぜか撃ち落とされたり、

法的に明らかに、イリーガルな邪道なのに
期間限定で消されなかったり、

実にオモシロい。

近い将来、

YouTubeはテレビの代替物となっていくだろう。

テレビの巨大な力を吸い取る形で
第5のマスメディアとして成長していく。

テレビよりは
YouTubeがオモシロい状態。

テレビ番組がテレビで放送されず
YouTubeで放送される状態。

あるよね?

さらには

Google+と強引に合体した事で
ソーシャルメディアとしても成長していく。

マスメディアであり、
ソーシャルメディア。

こんなメディア、今までなかった。

2014年、マーケッターとして、
ここの攻略が一つの鍵になる。

がんばろ〜。

うーん、

しかし、考えてみれば実に不思議だ…。

2000年。

21歳の時に絶望した法律の知識が
34歳の今に役に立つというのも。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【ネタバレ】劇場版SPEC ~結(クローズ)~漸ノ篇/爻ノ篇の評判について

【ネタバレ】劇場版SPEC ~結(クローズ)~漸ノ篇/爻ノ篇の評判について

見てきたぜ、『劇場版SPEC ~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇/爻(コウ)ノ篇』。

オモシロかった…

個人的には何度も映画館に足を運び、
テレビを見直して、

なんども反芻したい映画になりました。

漸ノ篇が終わった後は、
あまりの消化不良に愕然としましたが、

爻ノ篇が終わった今は、
この作品に出会えて良かったと思えました。

神と人。

突出した能力を持ったものを
人間は自分のコミュニティから
排除する…

スペックを持つものと持たざるもの。

人は何かにつけて自分と他人を区別し合い
理解できない人をそのコミュニティから排除しようとする。

公園の砂場から学校から、
会社からそして地域から…。

今までのたくさんの人が人間に排除されてきたのが
これまでの人類の歴史でもある。

神の中にも人間に理解を示すもの。
人の中にも神に理解を示すもの。

過激派、穏健派。

派閥と中立派。

このテーマ、実は非常に深い。

そんな大きなテーマを扱ってゆえか、
映画を見ながらふと別のことを考える事が
私は多かったですね。

この映画、

ドンパチドッカーーーンな展開を
期待する人には肩すかしだと思うし、
映画を見終わっても不満が残るかも。

クチコミもあまり良くならないような気がします。

実際、映画が終わった後に評判は良くなさそうな声が聞こえてきました。

「ひっぱりすぎた…」
「CG、ショボ過ぎ。」

そんな声が聞こえてきました。

私はこの映画、名作だと思います。

この映画で大きく考え方が進化する人も多いような気がします。

人間の愚かな部分を認めつつも、
人間の素晴らしい部分に気づける人。

そんな絶望と希望を両方味わえる良い映画だった。

人それぞれ色々な見方があるのがこの映画だと思います。
人や本や映画や音楽や。

「異物」を

意図的に自分に混ぜる事で
自分の進化を狙う人ならば、

必ず満足できるはず。

ハイライトは、

白い服の女の最後のセリフ。

今この瞬間に妻にも、親にも伝えたい…

そう思えるステキなセリフでした。

http://www.spec-movie.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0