youtube再生回数を増やす方法

YouTubeの再生回数を増やす6つの方法をまとめてみた。

隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


 

こんにちは、隊長です。

YouTubeで再生回数を増やす方法は6つあります。

これらを駆使すると、月間60万再生くらいならば半年で到達可能です。

それではいきなりノウハウ書いていきます。

【最新】Youtubeの再生回数を増やす方法【裏メルマガ】⇒ 入り口はこちら

 

1.関連動画を攻略する

Youtubeの再生回数を増やす方法として、その筆頭に上げられるのがこの関連動画攻略です。

これには2つの意味があります。

①自分の動画が再生されたとき
②他人の動画が再生されたとき

ここは超重要なのでガッツリと書きます。(長いのでそのつもりで^^)

自分の動画が再生されたとき

自分の動画が再生されたとき、関連動画がきちんと攻略されている時は、どうなるかというと。。。

自分の動画が関連動画に表示される

上の画像ように自分の動画が関連動画に数多く表示されます。

そのことで一人のユーザーが次々と他の動画を見てくれる(=のべ再生回数が増えます)

他人の動画が再生されたとき

むしろあなたが興味あるのはこちらでしょう^^

他人(ライバル)の動画が再生されたとき、関連動画がちゃんと攻略されている時は、どうなるかというと。。。

他人の動画が再生された時に自分の動画が表示される

上の画像のようにしっかりと、私の動画が右側にちゃんと存在しています。

このライバルの動画が回れれば回るほど、私の動画の再生回数が増す事になります^^/

アクセス解析を見てみると

アクセス解析を見てみると、同ジャンルのライバルの動画からたくさんアクセスが来ていることが分かります。

他人の動画の関連動画

“損して得とれ”関連動画攻略のやり方!

それでは具体的なやり方ですが。

これはちゃんと本質を理解しないとできないですから、じーーーと読んで下さいね^^

説明文とタグを設定していくことで、他人の人気動画の関連動画に自分の動画を表示させる確率がぐぐっと上がります。

で、結論。

あなたから先に、ライバルの動画にアクセスを送って下さい


これ意味分かります?

「はぁ?なんで他人の動画にアクセス送らんとあかんのや!なめとんか!(炎_炎)」

って思った人は、Youtubeのメリットをまったくいかせていません。

関連動画の仕組み、分かってますか?

Youtubeのロボットが、Aという動画とBという動画が何を持って関連性があると判断するのか

ここが本質です。

それは、

A⇒Bに実際にユーザーが流れた時ですよね?

その動きをYoutubeのロボットはちゃんととらえています。

それを利用するわけです。

損して得取れ作戦と呼ばれるゆえんがこれです。

あなたから見て最も「くっそー、コイツうまくやっとるな〜」と感じる、同ジャンルのライバルの動画に「説明文」からリンクを送って下さい

そうすれば、ライバルでめちゃめちゃ再生回数が回っているBとあなたの動画Aが結びつきますよね?(=誘導実績)

ということはロボットは、ライバルの動画とあなたの動画が関連があると判断します。

そうするとライバルのBの関連動画表示にあなたの動画Aが出ます

ほら、得が帰ってきた^^

2.タグを攻略する。

こちらは必要充分なタグを入れておきながら、自分だけしか使わないタグを入れるということです。

これが先ほどお伝えした1の①でお伝えした「自分の動画の再生画面の右側を自分の動画で埋め尽くす」方法です。

たとえば、私のハンドルネーム「隊長」

このタグを入れる。

「隊長」をタグにいれる人は私以外いないでしょうww(あたりまえ)

このようなタグの入れ方しておくとあなたの動画が再生された時に関連動画に、あなたの他の動画が表示されやすくなります。

あなたの動画が30個あったとしてその中のたった一つがブレイクすれば、あとは関連動画表示を伝って他の動画の再生回数も順次上がってくるというわけです。

再生画面の右側の欄が、あなたの動画で埋め尽くされるわけです^^

3.コメント欄を攻略する。

これは「コメントが入りやすい」ことを想定して動画を作るということです。

つまり、これはタイトルでユーザーに問いかければいいのです。どっちが好き?って。

「どっち?」と聞かれれば、「こっち」と答えたくなるのが人間です。

動画のネタ選びの段階で、すでにタイトルにともにイメージしながら作りましょう。

アノテーションでコメントを促進

もちろん、動画の中でもコメントを促進させるアノテーションを入れておきましょう。

 

4.Google+を攻略する

そして意外に忘れがちなのは

YouTubeはSNS化しているという事実です。

コレを見て下さい。

Youtubeにログインすると、右上の星の部分に数字が。。。

YouTubeとGoogle+

コレをクリックすると、

YouTubeのコメントがGoogle+

こんなふうになっています。

つまり、YouTubeにログインした状態でコメントを入れると、そのままコメントを入れた人のGoolge+のウォールに流れるのです。

ということは、

コメントが入れば入るほど、Google+にその都度、流れていくということです。

これは大きいです。だから3と4は密接に関連しています。

 

5.アノテーション&説明文を攻略する

アノテーションってただ言葉をいれるだけじゃなくて、

誘導言語

だってことを意識しましょう。

具体的に動画を見た人に何をして欲しいのか?考えながらいれましょう。

YouTubeのアナリティクスのアノテーションをクリックすると、、、

Youtubeアナリティクス

ちなみにさきほどのアノテーションの動画はこのような誘導実績になっています。

YouTubeアノテーションの使い方

クリック率1.35%ですから、100再生で1〜2人の誘導ですね。

少し良くありません。

最低3%、最大10%くらいまで高めれるようにしましょう。

こんな感じになるとOKです^^

アノテーション誘導LP

こちらは私のメルマガリスト取りの動画ですからさすがに安定しています。

動画ひとつでアクセスを稼ぐと同時に、リストも自動的に取得してくれます。

リスト取り機能を持たせた動画のことをランディング動画と読んでいます。

このLVを量産し、安定的にリストを獲得し続けるのが私のノウハウのもう一つの肝になりますね。

 

6.チャンネル名を攻略する

再生回数を増やす方法で最後に来るのは、チャンネル名です。

変にオリジナルのチャンネル名をつけてもダメ!

ちゃんとYouTubeユーザーの気持ちを考えて「おぉ面白そうじゃん!」って思える名前をつけてあげると、チャンネル登録がグイグイ増えるわけですから。

チャンネル登録者数が1000名いれば、当然再生回数は最低1000回回るよね?

以上かな。

もし、まだYoutubeの理解が甘いな〜って思った人は、この講座をちゃんと勉強して下さいね。
▼▼
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Youtubeの再生回数を増やす方法5:Yahoo!の映像トピックスに掲載される方法

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


本日は、Youtubeの再生回数を増やす方法としてちょっとコネタですが、Yahooのトップ画面に掲載される方法について話しておきたいと思います。

と言っても、絶対ではなくて、その可能性をぐぐっとあげるという意味ですけど。

Yahooの映像トピックってみた事があると思いますね?

Youtube再生回数増やす

ここをクリックすると、、、

yahoo映像トピック

という感じでランキング形式になっています。

で、当然これはヤフーの内部の人がヤフー本体のPVを増やす為に企画としてやっていると思うので、その意向に添う形で動画をUPしていくと良いと思いますが、ヤフーの内部の人にそれを届きやすくなる方法があります。

昔は、Twitterで #eizosuisen を付けて自分の動画URLをつぶやきツイートするだけで良かったんですが、

ヤフー映像トピック

この流れが2013年11月に終わってしまいましたorz

しかし!!!!

まだ推薦のルートはあります。ここで受け付けています↓

ヤフー映像トピックスに動画を推薦する

こちらのリンクをみれば明らかな通り。

Yahoo映像トピックに取りあげる方法

こちらでヤフー映像トピックスを選択する。

ヤフー映像トピックス

下の空欄に、

◆ 映像のタイトル
◆ 映像を視聴できるURL
◆ 映像の内容
◆ 推薦者ご自身のTwtitterアカウントまたはFacebookページのURL(任意)

こちらを入れてポストすれば、ヤフー映像トピックスの人に届くわけです。

これ、やってみる価値ありますよね?

ちなみにるろうに剣心の新作が発表されるのでタイミングがいいので、私も推薦してみましょう。

この動画です。

これを推薦します。

佐藤健がるろうに剣心の比古清十郎に福山雅治をオファーした決定的瞬間!

↑こんな感じでヤフー映像トピックスのスタッフさんに送られます^^

あとは、先方の判断ですね。

さてさてどうなることやら???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【無意味】100万回再生の動画が生まれましたので公開しますが、全く参考にならないハナシ

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



「100万回再生動画」ということで私のとある実験中のチャンネルから100万再生が生まれましたのでご紹介します。

100万回再生1

Youtubeのアナリティクスの画面を見てみると、1日の再生回数は3,000回〜6,000回くらい。

コレに関して言えば、あまり再生回数を増やすどうのこうの言うこともありません。苦笑。これをマネしてはいけません。

それでも動画をアップしてから100万回まで丁度1年くらいかかっていますのでいかに100万回という数字が大変か分かりますね。

あまり狙ってやるものではないでしょう。

それよりも自分のネタをコツコツとアップしてチャンネル全体のファンを増やしていき、チャンネル登録者数を増やして行く事を狙うべきです。

たとえば、この100万再生されたチャンネルは「実験中のチャンネル3」でチャンネル登録者数は現在、1676名です。

それに比べて先日チャンネル登録者数1000人の報告をした「実験中のチャンネル2」はまるで再生回数が違います。はるかに小規模です。桁が2つ違います。

つまり、再生回数を100万単位まで増やしたところで、チャンネル全体と動画の関連性がハッキリとしていないとYoutubeユーザーは登録もしてくれないという事です。

今回の100万再生のくだりは、嬉しい報告というよりも、「あぁやっぱりチャンネルの全体の設計が大事なんだな」という当たり前のことを再確認したという感じです。

ですから今日の文章のノリもたんたんとしています苦笑。Youtubeアドセンスも当然つきません。

きちんと自分のオリジナルコンテンツを作るべし。全てのスタートはそこからになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeの再生回数を増やす方法。Facebookと絡めてバイラルを起こす

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



こんにちは、隊長です。

今日は、前回のTwitter編と引き続き、Facebookと絡めてYouTubeの再生回数を増やす方法を語っていきたいと思います。

ちなみに実験用チャンネルの数字は相変わらず安定しています。このチャンネル2013年の12月に動画をUPしたきり放ったらかしなのですが、相変わらず月間500,000回再生を保っています。

YouTubeの再生回数を増やす方法。Facebookと絡めてバイラルを起こす。

その秘密はもちろんYouTubeの関連動画にあるのですが、これだけ参入者が増えると再生回数も次第に減りがちになります。それを補う施策が必要。その筆頭がFacebookにあると私は見ています。

実は、2013年の冒頭、2014年の初頭までFacebookとYouTubeの相性は悪かったのですが、最近は改善されてきました。

機は熟しつつあるのかなぁ?なんて思います。

さて、ではどうすれば、Facebookのパワーをyoutubeにドッキングすることができるのか?それは最近の流行の動画キュレーションサイトの流れを理解すると良いでしょう。

動画キュレーションサイト、バイラルメディアと言ったりします。

こういうものです。

バイラルメディア

見かけたことがあるでしょう。

これは私が更新しているワンチャンネルという子犬の専門動画チャンネルなんです。

これからの肝になると思います。

つまり、このワンチャンネル、扱っている動画は他人の動画です。

それでもサイト自体、かなりのアクセスが集まっています。私がやったのは、「子犬好きによる、子犬好きのために届ける子犬の動画を紹介するバイラルメディア」というコンセプトを作ってあとは、それに沿う動画をペタペタと貼付けただけです。

気づきましたか?

なぜ冒頭の私のチャンネルが再生回数が高く安定しているのか?

そう、他人のバイラルメディアに、私の動画が取りあげられ続けているからです。もちろん、これは偶然です。私が意図した物ではありません。ですから、あなたに考えて欲しいことは、あなたには意図的にバイラルメディアを作って、自分の動画を自分で取りあげる流れを作って欲しいのです。

これがまず一つ。そして、もう一つは、このバイラルメディアに対応するFBページを作るということです。

たとえばこのバイラルメディアを見て下さい。

 

バイラルメディア

サイトに入る前にFacebookページのいいね!を求められましたね?

そして、このバイラルメディアの動画をペタペタとFBページに貼付けています。つまり、FBページの拡散&バイラルメディアのアクセスを相互にやり取りしながら、媒体を拡大しているんです。

私のこのサービス↓

88いいね〜格安FBいいね取得代行サービス〜

これも、実は、自分のFBページの初期いいね!をつけたくてスタートしたのがきっかけです。

ようするに、自分で、自分のサービスを使って、自分のFBページに5000いいね!くらいつけておいて、それから対応するバイラルメディアを作るわけです。バイラルメディアの動画の更新と合わせて、その動画をFBページに投下すれば、最初につけた5000いいね!が一気に拡散していきます。

まさにロケットスタート。

これが最短最速でYouTubeの再生回数を極大化する方法であり、YouTubeの他人の動画をも自分のサイトに吸収してYouTube、FBページ、Wordpressサイトを同時に拡大させて行く方法になります。

 

まとめます。

 

あなたはまずどんなチャンネルを作るのか?を決めます。そして動画をアップしてきます。ある程度動画がまとまってきたら、今度チャンネルに対応するバイラルメディアを作ります。

もしあなたが美容チャンネルをやっているのなら、「美容・メイク・ファッションの関連動画まとめ」みたいなバイラルメディアを作り、美容の部分は自分のチャンネルの動画をアップして行きながら、メイク、ファッションの部分は他人の動画をキュレーションしていきます。そして最後にバイラルメディアに対応するFBページを作り、ピックアップした動画をペタペタとFBページに貼付けていく…

もしこれをいきなりロケットスタートしたい場合は、FBいいね取得代行を使って初期いいね!を集めてからFBはスタートする…、という流れになります。

Twitter編とあわせて参考にして下さい。

YouTuber隊長メルマガ

この記事が役に立ったって人はぜひシェアして下さい。
デスクトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeの再生回数を増やす方法。Twitterを絡めてバイラル起こす。

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



こんにちは、

隊長です。

今日はYouTubeの再生回数を増やす方法をツイッターと絡めて書いていきますよ〜。twitterって10代〜20代の若い人が多いし、動画の内容によってはきれいにアクセスが流れて再生回数を稼いでくれるから操れるようになっておく事にこした事はありません。

知っている人は多いかな?

その方法は、アスク!リツイートを使う方法です。

Ask retweetとはこちらです。

YouTubeをTwitterで拡散

こういう形で設定するわけですね。

設定するとこんな風にたくさんの人につぶやいてもらえます。

YouTube twitterで拡散する

ただし、何事もいきなり自分のメリットばかりではありません。

こちらのアスクリツイートを最大限にいかすためには自分がまずはツイッターで誰かの投稿を拡散する必要があります。

先に「メリットを相手に提供する」わけですね。(ちなみにこの思考、YouTube攻略の上でも大変重要です。)

まず、あなたが先に相手の動画を紹介する。

そうすると、このアスクリツイート上でポイントが溜まっていきます。いわゆる紹介実績ですね。

その紹介ポイントがある分、他人にあなたの動画を紹介してもらえます。

つまり、最初、あなたのtwitterのフォロワーが500人だと紹介した時もあまりインパクトがありません。

こういう場合は、先の紹介実績がなかなか溜まりません。

そうすると、ポイントが少なく、自分の動画もあまり紹介してもらえません。このへん、このアスクリツイートというシステム、良くできています。

隊長はウェブの本質は、他人の紹介だと思っています。この本質を捉える事ができないとバズを起こす事はできませんし、YouTubeの攻略も起こりません。そしてこのアスクリツイートでもあなたは恩恵を受ける事はできません。

先にメリットを提供する事こそが、自分が一番メリットをゲットする方法なんですね。

これが本質。twitterを絡める時もそこだけは外さないようにして下さいね〜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTube攻略2014年、3つの理論について

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



youtube再生回数増やす

2013年6月、YouTube One Channelを研究し始めてはや10ヶ月。この10ヶ月で2つの理論が完成した。

一つは、YouTube24。

こちらは、

集客チャンネルと教育チャンネルという
目的の異なる2つのチャンネルを立ち上げ、
集客⇒教育へとアクセス遷移して行く事で
自分のビジネスの巨大集客メディアと
していく方法。

たとえるならば、

集客チャンネル=【TVのCM】

<続きはWEBで>

教育チャンネル=【自社サイト】

ってイメージ広義で
広義のマスメディアの戦略に近い。

>メリットとしては、

ゼロからYouTubeを学ぶ事ができ
YouTubeでアクセスを集める感覚を
つかみながら、自分のビジネスの
チャンネルを育てていく事ができる。

アドセンスの収入も意外に嬉しい。

>デメリットとしては、

集客チャンネルと教育チャンネルの
アクセス遷移の過程で
ターゲットのズレが発生しがちで、
教育チャンネルを育てきれずに
ドロップアウトしてしまう危険性が
あるということ。

YouTubeのインターネットメディア
的な側面の可能性、SEOやSNSの
機能を引き出す事ができない可能性あり。

もう一つは、YouTube微分論。

こちらは、

微分の概念を応用して、
自分のメインチャンネルを
超高速で立ち上げて
一気に収益化する形。

>メリットとしては、

マーケティングの「絞る」概念を
単語レベルで落とし込む事ができ
動画のSEO機能とSNS機能を全開に
テストマーケティングしながら、
チャンネルSEOを実現できる事。

と同時にリスト取りの機能は
こちらが圧倒的に優れている。

YouTube動画広告向けアドワーズ
と相性が良いのもこちら。

>デメリットとしては、

最初、キーワード選定にミスると
アクセスが増えるまでに時間がかかり
「いつまでやるんやろ?」
とドロップアウトしてしまう事。

YouTubeのマスメディア的可能性を
引き出す事ができず、再生回数が
ショボイままになる。

理論は現実を100%説明できない。

2つの理論は、
相互補完的な関係にある。

コンサル的な仕事をするならば、
微分論の方が使えるし、

自分で色々と可能性を模索したいならば、
24の方が使えるだろう。

そして、

おそらく、

第3の理論があると思っている。

それが、ズバリ、

Youtube Tears Strategy(仮)

これは、

1個の強烈な動画を完成させ、
動画広告向けアドワーズと
とあるサイトの合わせ技で、
強制的にバイラルを起こし、

YouTubeのトップ画面に
長期的に居座る事で

100万再生を実現し一気に
自社の宣伝をしてしまう方法。

>デメリットは

少々初期コストがかかるという事。

だからこれは大企業にこそ刺さる方法だろう。

もちろん、僕自身がまだ100万回
再生をしたことないので、
未完の理論ではある。

たぶん、

この3部作を持って、
僕のYouTubeの理論的な研究は終わるような気がしている。

もちろん実践は続けるけど。
特に動画広告向けアドワーズとかは。

まとめると

【24】  ⇒個人向け
【微分論】⇒店舗向け
【Tears】 ⇒大企業向け

という感じ。

かなーりカッコつけて書いてみたww

YouTuber隊長メルマガ

この記事が役に立ったって人はぜひシェアして下さい。
デスクトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTube再生回数増やすというキーワードで1位になっていました(笑)

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


こんにちは。

最近なんだかこのサイトのアクセスが
多いなぁと思っていたら、

YouTube 再生回数 増やす

というキーワードでヤフー検索1位に
なっていました。

youtube再生回数増やす

そりゃ、アクセスくるわなぁ〜。

僕がYouTubeを真剣に研究しだしたのは、2013年の7月くらいだからまだ一年も経っていないです。

それで検索1位にくるんだから、よほどライバルが弱いんだと思います。

いやマヂで。

なかなか再生回数を公開してモノを言える人って少ないんですよね。

youtube再生回数増やす

このアクセス解析は私が一番初期の頃にアップした動画のものです。もう時期1万再生いきそうですね。完全オリジナル動画ですし、顔出しも名前出しもしていません。

これね。

9ヶ月で10,000再生ですからまぁいいんじゃないでしょうか。コメント欄を見てもある程度は評価されているみたいですし。

なぜこの動画が1万回までいったのか?と言えば、動画を作る前にきちんとキーワードを調べたからです。こういう単純な一手間ができるかどうかです。

・Googleの検索回数とYouTubeの検索回数
・競合の動画の再生回数
・Googleトレンドサーチ

などなどですね。これらを事前に調べて、よしこのキーワードはいけそうだなと思ってから動画を作らないとダメですね。インターネットメディアの良さが引き出されません。

ちなみにキーワードは「引き寄せの法則 効果」です。

これらを意識して、タイトルと説明文とタグを設定して、さらにチャンネルキーワードも意識していけば、チャンネルSEOもかかってきますから良い感じですよね。

そして、当然ですが、このWPサイトもインターネットメディアです。ですから、この文章を書きながらも、うっすらとキーワードを意識しながら書いているんですね。これがナチュラルなSEO対策でもあります。

このブログが読者にとって意味があるかどうかは分かりませんが、アクセスが来ている事、そしてGoogle様が一番に持ってきてくれていることを考えると、

YouTube 再生回数 増やす

という「問い」に対する「回答」としてのこのサイトは一定の価値があるのかなと思ったりもします。

...っていう思考ですよ、大事なのは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeを使えば1日2万人以上の人に宣伝することができます。一緒にやりませんか?

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


月間50万再生達成しました

こんにちは、

隊長です。

上のグラフをご覧の通り、月間50万再生を達成しました。

 


このチャンネルをスタートしたのは、2013年12月5日

わずか2ヶ月で月間50万回見られるメディア媒体を持つ事ができました。

無名の人間が、顔出しせずに、たった2ヶ月で1日2万回も再生されるメディアを自社所有する事ができるのです。

 

コレは事実です。

どう思いますか?

これがYouTubeです。

 

もし、あなたがビジネスを真剣にやっているのなら、
この爆発力を取り入れない理由はありますか?

 

もし、あるのなら教えて下さい。

ないですよね?

誰しも自分のビジネスを宣伝したいと思っているでしょう。

 

1日2万アクセスを集めるアメブロを作れるって言えば、芸能人レベルです。

 

それをわずか2ヶ月で達成することができる…少なくともその可能性は十分にある。

 

商売人としてコレに取り組まずして何をするのでしょう?

Twitterもいい、Facebookもいいでしょう。

 

でも、「結果」出てますか?

YouTubeは「別格」です。

なぜなら親会社が天下のGoogleだからです。

インターネットはGoogleを中心に動いています。

同じSNS系列のGoogle+もすでにYouTubeとドッキングしています。

つまり、これからFacebookもGoogle+にジリジリとパワーを奪われていきます。

検索:Google

SNS:Google+

動画:YouTube

これが揃っている状況で我々経営者が何をやるべきか、考えてみれば火を見るより明らかです。

もし「た、たしかに…」と少しでも思うなら、
YouTubeにトライしてみる事をおススメします。

 

大丈夫です。

私もいまだに編集もうまくありませんし、ビデオカメラも持っていません。

それでもコレくらいはやられます。

ですから、あなたでもできると思います。

私がYouTube情報を基礎から分かりやすく伝えているYouTuber隊長メルマガというのがありますので、もし良ければこちらのメールを受信して下さい。

クリック

YouTube入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeの再生回数を増やすための“ド基本”

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



YouTubeの再生回数を増やそうとして、 ギミックや裏技使ったらダメですよ。

これ私のとある動画のアクセス解析だけど。

【王道】YouTubeの再生回数を増やすための鉄則

見たら分かる通り、関連動画経由のアクセスが60%にもなっているよね?

つまり、YouTubeで再生回数を増やそうと思ったら

「いかに関連動画表示させるか?」っていうことなんです。

そのための肝はこのレポートで書いたからもし良ければ見てみてね。

で、 もちろん裏技もあるよ、twitter使ったり、facebookページ使ったり、Croozブログ使ったり。

でもそれって裏技に過ぎない。

瞬間的にアクセスが増えたとしても関連動画表示が促進されないとそのアクセスってすぐに消えてしまう。

関連動画表示されるってことは「関連する動画がすでにある」ってこと。

つまり、YouTubeで関連動画表示を促進させて再生回数を増やそうと思ったら、すでに流行っている動画を保管するような動画を作って行く事なんだ。

代理店的な発想ですね。アップルができないことをソフトバンクがやるみたいな。

YouTubeってそういう発想を求めているんですよ。

だってそうすれば、1つの動画を見た後に、次の動画をより関連づけて表示できるようになるから、ユーザーのYoutube滞在時間が長くなりますからね。

こういうド基本が抜けている人が、 説明文にタグをばああああと入れたりする。

あれって、スパムだから(苦笑)

今はYouTubeが過渡期だから全然良いと思うけどそのうちロボットの性能がさらにあがってきたら、動画やタイトルに関係ないタグとかをいれている動画はdiscoverability下がってしまうと思いますよ。

Googleを騙す行為をGoogleは一番嫌いますから。

YouTubeの再生回数を増やす

これは一ヶ月くらい前にアップロードした動画でそこそこは調子いいけど、よく見ると関連動画経由が1%しかないです。

こういう動画はテコ入れしていかないといけない。

もっと再生回数は増えるポテンシャルを持っている。

検索ベースってことはYouTubeユーザーのニーズは汲み取れているからあとは、関連動画表示をどうするか、説明文からいじっていけばいい。

それはさっきのレポートに書いておいたから読んでみて。

逆に言うと最初のアクセス解析を出した動画はもう完成しているってことだからあまりいじり用が無い。

あとは、そのネタの旬が過ぎたらゆるやかにアクセスが落ちていくだけだから、コレはもう仕方ない。

そんな感じです〜。

YouTuber隊長メルマガ

この記事が役に立ったって人はぜひシェアして下さい。 デスクトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YouTubeと並んで2014年最新の集客法とは?

logo
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



やっぱりメルマガをやらないと小資本ビジネスは始まりませんね。

先日、行きつけの美容院のオーナーと話をしていてこういう会話になりました。

以下実際の会話の流れをまとめてみた

=========================

美「そういえば仕事ナニされてるんでしたっけ?」

私「人集めです。」

美「人集め?」

私「はい、ネット使って集客する仕事です」

美「大変な仕事ですね…」

私「いえ、仕事はどれも大変です。」

美「ズバリ聞くんですが、美容院は?」

私「いえ、やっていません。最近は他人の人集めよりも自分の人集めの方が楽しくて、サポート業務は減らしてます」

美「そうですか…」

私「たぶんここでしたら人集めよりも休眠客の掘り起こしの方が大事なんじゃないですか?」

美「最近来ていないお客さんですか?」

私「はい、そうです。新規客集めるのって金かかりますから」

美「たとえばダイレクトメールを出すとか?」

私「もちろんそれもありですが、メンドクサイでしょう?」

美「お金もかかりますし…」

私「顧客名簿とかはありますか?」

美「はい、台帳があります。」

私「どんな項目があります?」

美「記録している内容ですか?」

私「はい。来店履歴とかはありますよね?」

美「もちろんです。」

私「では、メールアドレスは?」

美「ある人とない人があります。」

私「そこですね。肝は。」

美「なるべく全員に記入してもらう感じですか?」

私「いえ、たぶん自分のメールアドレスを知らない子もいるでしょう。迷惑メールがくるんで、かなり長いアドレスにしている子もいると思うので」

美「たしかに…正確に書ける子は少なそうです。」

私「となるとLINEですね。」

美「LINEですか?」

私「はい、あれってQRコードでお互いを登録できるようになってるんですよ。」

美「なるほど。」

私「店舗アカウントをやりたいところですが、これまたお金がかかるので。オーナーはLINEをやってますか?」

美「アカウントだけです。」

私「今日、明日でどれくらいお客さん来ますか?」

美「えっと、予約だけで11名ですね。」

私「その11名全員とLINE上で友達になる事はできますか?」

美「できると思います。」

私「では、して下さい。それができたらその後の展開を教えます。」

美「個人的にメッセを送る感じですか?」

私「いえ、一人一人に送っていたら面倒なので、タイムラインで全員に一度に表示させます。」

美「そこにセールの案内を出すわけですね…?」

私「いえ、違います。そこにセール情報を書くのは間違いです。」

美「えっ??」

私「facebookでいつもセールの案内ばかりの人の投稿って読みたいですか?」

美「い、いえ、読みたくないです。」

私「じゃあどんな投稿なら読みたいですか?」

美「おもしろいやつとか、、、」

私「ですよね?じゃあ、美容院のオーナーから発信する情報で、オモシロい奴って何ですか?」

美「やっぱり流行のスタイルとかヘア関係じゃないでしょうか?」

私「えっと、では11名のカットのビフォア/アフターの写真って取れますか?」

美「スタイリング前と後ですか?」

私「そうです。」

美「頼めば大丈夫だと思います。美容院に来ているのを自慢したいのが女の子だと思うので。」

私「バッチリです。」

美「え、それでいいんですか?」

私「はい、バッチリです。」

========================

この美容院では

LINEを使って既存客に既存客のヘアスタイル情報を写真として投稿し続けることで既存客の掘り起こしに着手しました。

本来ならば、個人情報ばりばりのメールアドレスをつかむことがベストなのですが

今回はLINEで代用しました。

もし、オーナーがこれまでに美容院のお客さんのメールアドレスを取得し、データとして格納していればその場でメールを打ってもらい発信する事ができました。

しかし、それをしていなかったので「集める」ことからスタートすることになったのです。

あなたは自分のビジネスの見込み客を集めていますか?

今は、YouTubeの時代。

YouTubeでメルマガリストを集める2014年最新の手法を動画で解説しましたので良かったら参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0