● 『経験』や『行動』ってエラいんですね?

飲み屋のおっちゃんのトークが
妙に鼻について、炎の投稿^^

むかつくぜ〜。

——————————————-

よく言われるじゃないですか?

・行動がだいじだ!
・知識よりも体験だ!!!!!
・経験に基づいて!!!!
・やったことないくせに!!!

って。

この物言いってどう思います?

正しいと思います?

納得してしまう感じですか?

ちょい反論できない感じですかね。

うん。

ハッキリ言いますけど、

僕はこの立場に反対です。

結構FBでよく見かける「行動が大事だ!」って話し。

たぶんこれ。

あんま公に言わん方がいいですよ^^

バカに見られます。

(正確に言うと『バカである』という
印象が伝わってしまうって感じかな。)

なぜか?

まず僕の具体例でいきましょうか。

僕、いま、この場で

Kindleのセミナーをやれと言われたら、すぐできます。

いきなり4時間くらい喋れます。

ちゃんと勉強しましたから^^

でも。

僕はKindleの出版はしたことがありません。

そんな
僕のKindleセミナー、
聞きたくないですか?

経験は、ありません。知識は、あります。

だからセミナーできます。

これっておかしいですか?

セミナーやって、
金とっちゃいけないですか?

そのレベルにない!って言いますか?

じゃあ、それ、誰が決めますか?

たぶん、けっこう引き締まった
えぇ、内容になると思いますけど^^

参加者さんそれぞれにマッチした
近未来をえぐったKindleセミナーに
なると思いますよ^^

なんでできるんでしょう?

経験ないのに。

経験ないとダメなんですよね?
行動してないとダメなんですよね?

僕はできるんですよ。

理由は、

他の<知識>があるからです。

知識と知識を組み合わせれば
経験なしでも人を導く事ができます。

ちょうど、

自分で経営の経験が無いのに
コンサルしちゃう人みたいに。笑

そのコンサルの人って、極悪なんですかね?

その人に啓蒙され人生変えている人がいれば
それはそれで付加価値、生んでいますよね?

その人はきっと
知識と知識を組み合わせて
経験ベースの話しよりも
深いノウハウを喋れるんでしょう。

<知識>と<知識>を組み合わせることで
他の人には見えない未来を洞察することが
できるんでしょう。

だからあの会社は売上100億ですよ。

人気があるんですよ。その知識。

その逆で、

<経験><行動>しているはずなのに
イマイチ洞察しきれない人、います。

たとえば、美容師さんとか。

カットし続けて20年。

僕が「リピーターを掴むには何したらいいっすかね?」

と聞いても、「うーん、相性じゃないですか?」

っておい!

それ部下の人、かわいそうやろ!

って感じ。

<経験>20年、この人の価値ってありますか?

部下の人、育ちますか?

言語化できないのに、
知識になっていないのに、
部下の人にどうやって教えるんでしょう?

<経験あるのに>
<誰よりも行動してきたのに>

ようするに、ですね。

知識と経験って対立する物でもないし
上下関係がある物でもないんですよ。

経験は、知識となるからこそ
継承されていくもんですしね。

知識は、経験のアウトライン。

10年の経験を1時間で学べるなら
そりゃ、学んだ方がいいでしょ?

ナイス知識!って感じでしょう?

20年の経験が無くたって、
知識だけで同等の物が語れるなら
それはそれでいいじゃないですか?

【結論】

知識<だけ>を見てコンテンツを作り
人々に価値を提供する事は可能です。

※ここ、こそ、コンテンツの定義の話しに繋がります。
※酔ってたけどww

いやいや、それアンタだからできるんでしょ。

って言うかもしれませんが、

そうです。僕だからできます 笑

いや、冗談です。

誰でもできます。(まぢ)

これって自覚の問題なんですよ。

一回でも自分の「経験」を整理して
知識として「誰かに伝えた」事があれば
誰でもできます。

野球が得意で
少年に野球を教えた経験があれば、
Kindleのセミナーはできます。

経験 ⇒ 知識のプロセスを

人生で

一度も踏んでいない人は、いません。

なぜなら、井戸端会議でみんなやってるでしょ。

「ねぇねぇ昨日こんな事があってーん!」

って。

これって経験を知識にして人に伝えて
場を盛り上げているじゃないですか?

そもそも人は人に何かを教えている時に
自分の存在を心から確認できる生き物です。

だから子育てって尊く感じるんですよね?

この、人に何かを教えるという行為は
人間の本質に根ざした欲求なわけです。

必ず、どこかで、1回はやっています。

じゃあ、なぜ

知識と経験を切り離し、

頭でっかちになってはいけない!
行動が大事だ!
あの人はたくさん経験があるから凄い人だ!

みょーーーーに <行動> をエラく感じてしまうのか?

簡単ですよ。

自分が、
誰かに、
何かを
教えられる

そんな存在である

という「意識」が無いんですよ。

そんだけ。

自覚の問題っす。

すぐみんな言うでしょ?

「いえいえ、あたしなんて!」
「誰かに何かを教えるなんて!」

って。

自分の知識に対する過小評価、
自分自身に対する過小評価。
これまでの過ごしてきた人生の過小評価。

これが、

<知識よりも経験・体験・行動>という
根本的に間違った認識を生み出します。

そして、

<知識>を学ぶ時も
より実践的、より現場的な人から
<究極の何か>を学ぼうとします。

そんなん無いです^^

そして、恐るべき事に、

誰かに何かを教えている人すらも
この枠組みにしばられています。

「自分は、この分野“なら”教えられる」

って。

経験した事しか教えられないと思ってる。

そう、華麗なる

専門 と 専門外

の誕生です。

もうね、お医者さんとかめんどくさいですよ。

腎臓の専門家、
肝臓の専門家、
骨格の専門家。

『Jin 〜 仁』じゃないですけど、

いや、もうちょっとさぁ、患者そのものを診る気はないのかと言いたい。

人間は生まれながらにしてユニーク

なんですよ。

だからそれをそのまま出せばUSPはできるんですよ。

uniqueの語源は、

L.unus = one(一つ)であり、すべて。

派生語は、

union=団結、組合、ひとつになること
unit=単位
universe=宇宙(uni+vert(=turned) = 一つにされたもの)

あなたという存在は

他人と知識を共有する事によって

のみ

その人と一つになれ、完璧に満たされる。

そもそもそういう存在なわけです。

もし経験が重要なら、哲学者とか廃業です。
過去の偉人の名作も読む必要もありません。

自分の知識を共有しよう。

経験が豊富ならちゃんと
知識に変換して共有しよう。

でもみんな。

それをやらない。

自分を出せない。

だ・す・き・が・な・い

なぜなら、根っこの部分で
自分の存在を肯定していないから。

だから

僕が、目をじっと見ると
僕から目をそらすんですよ。

自分の底を見透かされるのが嫌なんでしょう。

そもそも

ねっこがユニークなわけだから
見透かす底もなけりゃ天井もありません。

人間にレベルなんて存在しません。

だから、

知識がある人も、経験してる人も。

誰かに
何かを伝える事で
はじめて満たされる…

という自覚さえあれば、

両方ひとしく必要であるということが分かるはずです。

だから、

行動が大事だ!
経験が大事だ!
実体験が大事だ!
現場経験が大事だ!

俺は雑巾がけからやったんだから
オマエもやれ!

みたいなことを

大声で言っている人を見て、

違和感を感じられるようにならないといけない。

ん?そんなにエラいの?って。

だから僕は、

『行動しない人は悪だ!』

とか言って

生徒を責める先生って最低だと思いますね。

そこじゃなくて、さっ!

と言いたくなる。

そこ分けるなよ!

と言いたくなる。

そこを分ける道は
全てが壊れていくし
全員が不幸になる道なんですよ。

行動しない人には、
行動しない理由があります。

ならばそこをイメージしながら
逆算してコンテンツを設計していく。

それがコンテンツを作るものの役目でしょう。

ようするに、その先生に問題があるってことです。

自分の目の前で、お腹、押さえて苦しんでいる人がいるのに

「いや、私は、脳外科医ですから」
「だれか、胃の専門家の人はいませんか?」

みたいな。

いや、まずは背中さすってやれよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って思うでしょ?その気持ちはないのか?と。

というか、そもそもですね。

一人の医師として、脳外科以外の分野を、
知識として仕入れることをしないんかい?

と言いたくなります。

人を多方面に救いたいと思うからこそ、
専門、専門外関係なく知識を勉強する。

<知識>を仕入れる。
<知識>を確認する為に<行動>する
その結果を<知識>に変換し人と共有する。

この自覚ですよ。

情報発信者としての。

まぁそんな感じで〜。

この投稿も、

僕が感じていることをまとめた
<知識>を共有して

誰か一人でも「ほほぅ」と感じてくれて
世界の見え方が変われば、

僕自身も癒されるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どんなにつらい<経験>だって
それを<知識>として伝えられれば
癒されるじゃないですか?

新卒で入った会社が3年で潰れたとか。

(↑リアルに俺の話しだ)

この感覚、伝わるかなぁ〜。

うーん、どうだろう?

僕が培ってきた<知識>が
人の役に立てるって素敵じゃないですか。

『隊長って奴のSNSの投稿、
なんかコムズカしいこと言うとるけど、
10回に1回くらい、勉強になるよね〜』

って思ってもらえれば、そんでええじゃないですかー。

YouTube系みたいに動画をアップして
アクセス解析をバンバン貼付けるような
<経験><行動>ベースにした方が
より人に伝わるならそっちを選択しますけどね。

僕が、僕の自覚によりそちらの手法を選択するだけの話しで。

なぜYoutubeのアナリティクスの
アクセス解析の画面を貼るかと言えば、
そっちんがコンテンツの拡散性が高まるからですよ。

<知識>よりも<行動>だぜ!

って言っちゃてる人は、注意した方がいいですよ〜。

バカに見られて良い事ってないと思うので 苦笑。