自宅エステサロン集客

質問4「自宅エステで集客はできても体がシンドくて。。。」

メンズエステ集客
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


こんにちは、隊長です。

Youtube系のブログのはずなのになぜか「自宅エステ」の問い合わせがあるなぁと思ったらなんと。。。「自宅エステ」というキーワードで3位に。。。ビックリ(驚)

自宅エステサロン集客

どうりで質問が多いわけだ。。。

というわけで自宅サロンの経営や集客で悩んでいる方はこちらから質問を頂ければ、順次回答していきますよ〜。

⇒ 質問はこちらから。

さて、今日もご質問を頂いていましてそれに回答していきたいと思います。

本日のご質問

こんにちは、(非公開)と申します。自宅エステのブログ記事を読ませて頂きまして、送らせて頂きました。現在、(非公開)という自宅サロンを営んでおります。お店のホームページ:(非公開)。初めて1年くらいでリピーターの方も増えてきて毎日充実しています。

それは本当に光栄でアタシなんかにこんなに来てもらって涙が出るほどウレシいんです。えいっ!って始めて本当に良かったなと思ってます。

ただ、、なんと言いますか、最近疲れ気味で困っています。

毎日5、6人のお客さんにじっくりとお手入れしているとさすがに体が疲れていて、お客さんにも指摘されてしまい、このまま続けるのは、き、きけんかも。。。と思い始めてます。

最近は休みも取れずに仕事・仕事になってしまい、いつか自分が倒れてしまいそうで怖いんです。かといって休みをとってしまうとお客さんを一時的に断る事になってしまい、一度断ってしまうとそれが原因で足が遠のいてしまうんじゃないかって、それもまた怖いんです。

一度盲腸になった時にお休みして、その時にがくんとお客さんが減って事がありましてちょっとトラウマになってます。

他のサロンさんはうまくスタッフを増やしたりしながら現場からオーナー?経営者?みたいに徐々に移っておられます。

ただ、私は人を育てるのが苦手というか、もともと人との煩わしさが原因で、勤めていたサロンを辞めて、自宅エステにしてしまったのでそこにも踏み切れなかったり。

ということで正直、八方ふさがりの状況です。どうすればいいでしょうか?

突然の質問で恐縮ですが、何かアドバイス頂ければと思います。よろしくお願いします。

お店の情報が分かるところがありましたので名前と店名とURLは非公開とさせて頂きました。

はい、質問頂き、ありがとうございます。

私のところに質問頂く方はサロンの集客に困っている人が多いのでこういった「忙しさゆえの憂鬱」みたいなタイプの質問は珍しいですね。

隊長の回答「リストして休みを事前告知すべし」

それでは回答していきます。

まずこのかたは自分でなんとなく「ヤバいかも」と感じています。そのヤバさは2つありますね。自分の体がもたないかも?と思うヤバさとお客さんが離れていくかも?という心配です。これら二つが結びついているので困っているという事でしょう。

しかし、よーく考えてみれば365日すべて働いているというわけではないと思います。いくらなんでも12/31や1/1などはお店は休みになっている、というかお客さんから予約が入る事がそもそもないでしょう。

では、なぜ1月1日に予約が入らないのか?ということです。

答えは簡単で。

お店は当然休みだろうとお客さんが思っているからです

これ意味分かります?

「正月だから街が静かよね?」
「お盆だから居酒屋さんもお休みよね?」

これらはお客さんの頭の中にある常識です。そして事前に知っている事です。同じ事をすれば良いと思います。

まず、休みを取りたい日を決めます。今月は、23日と24日と25日とか。自分で決めます。理由は「研修のため」とでもしておけばいいでしょう。飲食店でも流行っているお店はお店を一時的に締めてまで世界の名店を食べ歩き見聞を深めていきます。ウソも方便ですw

そしてこれを今来ているお客さんに伝えていきます。「●●さんウチは23日と24日と25日になるのでこの日以外の予約でお願いします」と言えばOKです。お客さんも分かっていますから「あらそう」と一言で解決です。お客さんに「そう言うものね」と思ってもらうのが大切です。

「私が研修のために休むのは私のお手入れのレベルを上げる事であなたに対するサービスを向上する為です!」というタテマエがあれば大丈夫です。あとは、バリ島でも旅行に行って現地のオイルマッサージを受ければ、エステの本場で修行してきた!で通じます^^

リスト管理して一括で情報を流せる体制を取る

次の段階でして欲しいのは、アスメルなどの一括メール配信サービスを使って、お客様のメールアドレスを格納していき、一回のメールでバッとお休み日の情報を届ける情報を届けるという事です。

もちろん今はやりののLINE@でも大丈夫です。大切なのは、いつでも一括で情報を送れる状態を作るということです。こうしておけば、お休みの告知もしやすいですし、何かのキャンペーンの一斉告知もしやすいです。色々とマーケティングもしかけやすくなりますから。

以上です。

何か自宅サロンのことで相談したい事があればこちらからお願いします。⇒ 質問はこちら

メンズエステ集客
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

メンズエステに集客する方法その2・・・その1もあるよ^^

こんにちは。隊長です。

今回は、なぜか好評をいただいている(?)、メンズエステ集客編を書いてみる。

前回の記事はこちら⇒ その1

さて、前回はYouTubeで集客する場合の話しを書いてみたのだが、今日はちょっと企画よりの話し。YouTubeで人を集めたとしても肝心要のお店のメニューがターゲットのニーズを外していたら意味がありません。だから今日は、何がメンズの心をつかむのか?という話しをしてみたいです。このへんって結構お店やっている人は分かっているようでズレていたりします。自分が編み出したオリジナルのメニューに固執してしまう傾向がやっぱありますからね。その辺の職人気質が、集客と極めて相性が悪いんですね。

基本は、「相手が求めているものを売る」。これにつきます。

じゃあ「メンズが心の底から求めているもの」は何なのか?この心の底から、というのがポイントです。ココをぶらさない、外さない。そう私がメンズだからこそ、よ〜く分かる(笑)

メンズが根本的に求めているのは、「美人と戯れる時間」。です(爆)

 

えっ?身もふたもない!!!

 

って?

いいんです。別に施術を無視しろって言っているんじゃありません。施術があるのは大前提です。だってお店なんだから。前回、「YouTubeで看板娘の紹介が一番効果的。」と書きましたが、結局アレって何を訴求しているのかというと、この「美人と楽しくお話できて、マッサージもしてもらえそう!」っていう期待感なんです。それで来店してくれます。これってよくあるエッチなDVDのジャケット写真で釣られて買ってしまった…というのと心理的な導線としては一緒です。

これがメンズが心の底から求めているものです。まずここが一つのポイントです。

次に二つ目のポイント。それが、、、

メンズが「言い訳できる、施術メニュー作り」です。これ、分かります?どういうことかというと、メンズも「いやぁお姉さんとお話ししたくてきました!」なんて言えるわけないですね。これはおもくそ恥ずかしいww。だからちょっとした言い訳が欲しいんです。

 

「ちょっとPCしすぎで眼が痛くて。」

「外回りで足がむくんで。」

「データ作業で肩がコって。」

 

こういうメンズが

「この悩みががあるから来店しました!決してお姉さん目当てではありません!)

と言える状態を作っておく事が大事です。まさに言い訳ですww

という事を考えると施術メニューも色々と工夫する事ができますね。

「いや、ちょっとPCの仕事しすぎて眼が痛くて。」

PC仕事の疲れ目に。疲れ目ケア集中マッサージ。

「ちょっと外回りすぎて足がむくんで。」

外回りの営業で足が棒になっているあなたに。フットマッサージ。

「データ作業が多すぎて肩がコリまくっちゃって。。。」

細かいデスクワーク対応型肩こり集中ケア。

こういうにメニューの組み立てになっていきますね。こうすれば、メンズは「あ、この疲れ目ケアコースでいけば、俺の黒い欲望は隠せる!」って潜在的に思うのです。

何より電話で予約入れやすいじゃないですか?

 

あ、すみません、HP見て電話したんすけど、
疲れ目ケアって今日、お願いできますか?
(※この写真に載っている綺麗なお姉さんの施術で!◀心の声ww)

みたいな。うん、これはある。というか俺もこのマーケティングには引っかかってしまいますね。それほどメンズの本能と言い訳のバランス感が抜群だと思います。

もちろん、これを書いている隊長が、そういう黒い欲望を持っているという突っ込みは受け付けていませんw。あくまでメンズの本能的な気持ちを代弁している…そう考えて下さいね^^

メンズエステに集客する方法その1も良かったらどうぞ。

メンズエステサロンのYouTube集客に興味のある方は、

件名「サロン集客の件について」

でメールを下さい。対応します。

taityouhe@gmail.com

隊長でした〜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

質問5「メンズエステに集客するにはどうしたらいいですか?」

メンズエステ集客
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



こんにちは、隊長です。

朝からこのブログのアクセス解析を見ていて、クスッとしてしまったのがこちら。

メンズエステに集客する方法!!!!!!

メンズエステに集客する方法

 

メンズエステってこういうのだろうか?



 

合ってる?

たぶんいわゆるこの「メンズTBC系」だと思うんだけど、せっかくこのホームページに来てくれる人がいるのでメンズ集客について書いてみる。

まずこの手の若いフェミニンな若者って誰の事かって俺の事だw実は私ヒゲ脱のブログとかも書いているからね〜。まぁそれはいいとしてこの手の若者を釣るので何が一番いいか?って言ったらもうね、分かるよね?

スタッフの女性の写真だ!

身もふたもサッパリないが男性というのはものすげー単純なところがあって、綺麗な女性がスタッフにいるからアノ居酒屋に行こう!という生き物なのだ。ええ、私もその気、ありますよ。「あそこのバーにはきれいな女性がたくさんくるぞ」という情報の早い事早い事www

つまり、

YouTubeで看板娘の紹介が一番効果的。

どこかにないかなぁと思って調べてみたらあった^^/

 

これ

 

ただ、ちょっと違う。これでは宣伝だと分かってしまう。

宣伝の基本は、「いかに宣伝かと分からない状態で宣伝していくか?」

いわゆるステマが一番効果的なのだ。(◀問題発言www)

 

まず段階をおって理解してもらえたら良いと思うのだが、、

 

これは直接的すぎてちょっと…


 

意味は分かりますね?

あきらかに風俗タッチになっていて、真面目な草食男性は「引く」と思います。もちろんこのお店の集客としては良いと思いますが、通常のメンズエステサロンの集客は、これでは誤解されてしまう可能性があります。

次にこれ

なんとなくよくありそうな感じですよね?

これが良いバランスなんだと思います。

 

さっきのセクシーすぎる動画と比べると「どのテイストが集客に役立つのか?」分かってきますね。

つまり、

ほんの少しセクシー的な要素を入れる。

この「ほんの少し」っていうさじ加減はたくさんの男性スタッフとオーナーが議論を重ねて、「性的になりすぎず」かつ「単純な説明動画になりすぎず」っていう絶妙なバランスを確認しないといけません。

という事を踏まえると、女性のスタッフの服装と、ルックスと動画での登場の仕方が極めて重要になります。

総合的に見て、ここはうまいなぁと思います。

ただ、この動画と他の動画を見ていると、ちょっと作りが勿体ないなぁと思うので、きちんと「集客」という目的を達成できるようにしていきたいですね。

このへんはYouTubeに特化した戦略を組んでいかないとなかなかスムーズに流れていかないと思いますね。

何か自宅サロンのことで相談したい事があればこちらからお願いします。⇒ 質問はこちら

メンズエステ集客
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

質問3「自宅エステサロンの集客にかなり苦戦しています。」

>>>質問4「自宅エステで集客はできても体がシンドくて。。。」
>>>質問5「メンズエステに集客するにはどうしたらいいですか?」

自宅サロンの集客で悩んでいる方はこちらから質問を頂ければ、順次回答していきます。

⇒ 質問はこちらから。


メンズエステ集客
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら



こんにちは、隊長です。

最近、読者さんからの質問が1日3〜4通届くようになり回答に追われています。

ま、まずい。。。なんかアップアップ。。。

とりあえず頂いた順にテキパキと回答していきましょう。

☆一番最後にプレゼントがあるよ〜。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回はビジネスの話ですね。

自宅エステサロンについて。

得意分野です^^

※原文そのまま

===ここから===

9ヶ月ほど前に自宅を少し模様替えして自宅でエステサロンをスタートさせました。

エステサロンで働き始めて7年。

自分のサロンを持つのが夢だったので意気揚々とスタートしたのですが、ふたを開けてみればお客さんが来ません。

知人しか来ない有様です。

元々、勤めていたサロンからお得意様が来てくれるかなと思ったのですが、1度顔を出してくれただけで来なくなりました。

知人にはかなり割引しているのであまり利益が出ないです。

どうしたらいいでしょうか。。。

===ここまで===

ええと、

まず元々勤めていたお客さんを引っ張るという発想がダメです。それは、勤めていたお店に対して失礼ですし、お行儀が良くありません。

そもそもお客さんを連れ回すというのはお客さんに対してメリットがありません。

オープン9ヶ月経ってお客さんが来なくなった。

まず現状を認識しましょう。

それが今のあなたの実力です。

ここをしっかりと直視できれば、打開策は見えてきます。

逆に、

「そんなことないよ!私の腕は一流よ!」
「前のお店でもトップだったんだから!」
「お客さんも凄く満足してくれているのよ!」

と、反論される場合は、ここでアドバイスは終了です。

これ以上、お客さんが増える事はないでしょう。

現状の自分のお店の現状を受け止める事なしに先に進む事はあり得ません。

OKですか?

では、いきます。

まず、

あなたのお店は知られていますか?地域の人々に知られていますか?

これをマーケティングの用語で「商圏認知」といいます。

おそらくここが今の一番の課題だと思います。

次のセリフを声に出して言ってみて下さい。

誰も、私のお店のことを、知らない。

ちゃんと声に出して言って下さいね。

はい。

では次のステップですが、

近くの人にあなたのサロンを知ってもらう為の行動を具体的に起こしていきましょう。

ここに落とし穴が一つあるのですが…

ビラやチラシを作って配ろうとするのは辞めましょう。知り合いのお店のレジ前に置かせてもらうのもNGです。

なぜか?

効果がないからです。

あなたは広告を作るスキルが高いとも思えません。

シロウト丸出しのWordで作ったようなチラシを見てあなたの自宅エステサロンに行こうと思うほど女性は暇ではありません。

ですから、チラシを作るのはムダです。

では何をするのか?

先ほど、友達は来てくれる、と書いてありました。

では、その友達を利用しましょう。

どうせ、お友達価格で激安にしているのですからこのさいタップリと協力してもらいましょう。


この思考は大事です。

たっぷりと、知り合いに、協力してもらう。

というか、もはやここしかありません。知り合いだろうが、何だろうが、利用するしかありません。

あなたには、もはや後がないはずです。

遠慮は無用。本気でいきましょう。

はい、次のステップです。

新サービスを開発して下さい。

これは今まではと違う新しいサービスです。自宅エステは大手ができないことをやるから存在する価値があるわけです。

お客さんとなる女性が死ぬほど悩んでいる恐怖するほど悩んでいること。

具体的に痛みを感じている悩みをメニュー化して下さい。

たとえば、

○五十肩解消ホットマッサージ

⇒マイナス5歳肌エステは、×(具体的な痛みがない)

○重度の冷え性専門エステコース

⇒極上セレブコースは、×(具体的な痛みがない)

○外反母趾解消ナチュラルヨガ

⇒ホットヨガコースは、×(具体的な痛みがない)

などなど。

上に挙げた例はあくまで例です。私はあなたのお客さんの悩みを知りませんから想像で書きました。

大切な事は、

具体的な痛みがあるものをそのままメニュー化することです。

はい、次のステップです。

新メニューができました!来て下さい。

ということをさきほどのお友達に言います。

ここはもう「来て!」の二文字でOKです(笑)

このたった二文字を言葉して知り合いに言えるかどうか?

ここでまた人生の別れ道になると思います。

来てくれたお客さんに新メニューを試してもらい、意見を頂くわけですが、お客様の声となる「感想文」を「手書き」で「その場」で書いてもらいます。

そして、

その感想文を持ってあなたとお客さんの2ショットの写真を撮ります。

iPhoneを使って自分撮りでOKです。

その写真と感想文をfacebookに公開し、そのお客さんをちゃんとタグ付けします。

さらにそのまま

2ショット写真と感想文をアメブロに掲載します。

はい、ここまでが一つの流れです。

①新メニューを作る

②お客さんを呼ぶ

③新メニューを体験してもらう

④感想文を書いてもらう

⑤2ショット写真を撮る

⑥facebookに写真をアップ&タグ付けする

⑦アメブロにも掲載する

これを30人くらい繰り返してみて下さい。

お店は、100%復活します。

これが10人くらいで終わると、自宅サロンの復活確率は40%ほどです。

いま、あなたのエステは全く知られておらず「存在しない」にも等しい状況ですから「量」が勝負です。

facebookを使う事でブーストをかけますが、原則は量が大事です。

10人ではなくて、30人頑張ってみて下さい。

30人知り合いがいないなら、facebookでやっているランチ会などに参加して営業してください。

いま、あなたに求められている能力はエステの施術スキルではなく、営業スキルです。

いま、お店がオープンしてから、最もツライ状況だと思いますが、ここを乗り越えれば、3年継続できるサロンになります。

①新メニューを作る

②お客さんを呼ぶ

③新メニューを体験してもらう

④感想文を書いてもらう

⑤2ショット写真を撮る

⑥facebookに写真をアップ&タグ付けする

⑦アメブロにも掲載する

このゴールデンサイクル。

頑張りましょう。

あ、ちなみに、

自宅エステサロンはクチコミが命ですけどクチコミの原理原則を知らない人があまりに多いです。

せっかくここまでブログ記事を読んでくれた人は
やる気がある人が多いと思うので。

「自宅エステサロンだからこそ
効果抜群のクチコミ自然発生シート」
プレゼントしてしまいます!

宛先:taityouhe@gmail.com
件名:クチコミ自然発生シートを希望します
メールの内容
(1)店舗名:
(2)氏名:
(3)あなたの欲しい見込み客は誰?

では!

隊長

YouTuber隊長メルマガ

この記事が役に立ったって人はぜひシェアして下さい。
デスクトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0