ゴミの気持ちになるエクササイズ。和佐大輔の想像力を劇的に高める方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、隊長です。

 

あなたは道端に捨てられているゴミの気持ちを考えた事がありますか?

 

ゴミの気持ちになる

 

ない?

ある?

 

ではもう一度、聞きます。

 

あなたは道端におかれているお地蔵さんの気持ちを考えた事がありますか?

 

ゴミの気持ちになる

 

ない?

ある?

もしかしたら、あるかもしれませんね。

「あなたは大変ですね。寒くはないですか?」と心の中でつぶやいた事があるかもしれませんね。

 

もう一つ聞いてみます。

 

あなたはじーっとこちらを見ている捨て猫の気持ちを考えた事がありますか?

 

ゴミの気持ちになる
http://toypoomarty.sakura.ne.jp/sb/log/eid272.html

ない?

ある?

 

おそらくかなり多くの人が「ある」と答えるのではないでしょうか?

 

はい。

 

和佐大輔氏が『テトラポッドに札束を』でこのように述べています。

日本の抱える問題も、世界の抱える問題も、結局は一人一人の想像力の乏しさが、小さな間違いを連鎖的に起こして肥大化したものです。
引用『テトラポッドに札束を』P93

そして、想像力を働かす事ができれば、その小さな変化に人々が気づけるようになります。

想像力と言えば、イメージする力。

 

そのイメージが貧困であるということが、この世界が様々な問題を引き起こしていると和佐氏は言います。

 

では、どのようにすれば、そのような想像力を高める事ができるのか?

 

それが、ゴミの気持ちになるというエキササイズなのです。

 

こちらを和佐氏に教えたのは、パートナーの木坂健宣氏。

 

木坂健宣

 

教えた現場は、ネットビジネスアーカイブスというビジネスDVD教材の中の「Special Bonus3 マインドセット解体新書」という1枚のDVDで語られているものです。

 

こちらのDVD

和佐大輔

 

この教材、何げに15万円くらいします(笑)

今は販売されていませんが…。

 

結局のところは、色々な事に気づけるかどうか?というのは興味を持てるかどうか?にかかっています。

 

興味を一番持たなさそうなゴミの気持ちになる訓練をする事で、逆説的にたくさんのことに興味を持てるようになるのです。

 

ちなみにもし、NBAなどの和佐氏の教材に書かれている事を学びたければこちらの無料レポートを読んでみるといいでしょう。

 

>>こちら<<

テトラポッドに札束を書評

すぐにダウンロードできるようにしておきましたので。

隊長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*