なぜ半沢直樹が出向になるのか?理由を解説。東京セントラル証券・出向編(ロスジェネの逆襲)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、隊長です。

 

なぜ半沢は出向するのか?
半沢直樹の最終回 動画は一番下にあります。

 

ついに半沢直樹が終わってしまいました。

 

最終回も全ての人が熱の入った演技で、最後の大和田常務の土下座には痺れました。

なぜ半沢出向

しかし、

 

最後に最後に半沢直樹自身が東京セントラル証券に出向になってしまいました。

 

中野渡頭取のことですから、懲罰という意味で出向になったわけではないでしょう。

なぜ半沢出向

 

なぜ半沢が出向になったのかは?中野渡頭取の「行内融和」発言を読み解けば分かります。

つまり、行内融和には半沢直樹は強すぎるのだと思います。

 

もし、ここで半沢直樹が部長職に2階級特進したとしたらどうでしょう?

 

なぜ半沢出向

 

そう、半沢のような「倍返しスタイル」が流り、豪腕の人々が増えてしまい、半沢自身が最後ネジを握りしめながらハッとしていたように、「一歩間違えれば人の道に外れかねない」状況になります。

 

確かに、大和田常務を土下座させ、常務から引きずり落とした半沢は思いを成し遂げました。

 

しかし、

取締役会で上長である常務を土下座させるという半沢の行為は、行内融和とはあまりにもかけ離れています。

 

中野渡頭取の「最後のアレはやりすぎだ。反省しろ」というのはそのままの通り受け取るしかありません。

 

ただ、頭取は半沢のことを買っていますから、東京セントラル証券で何か大きな問題でもあるのかもしれません。

 

伊勢島ホテルの時と同じくV字回復請負人として半沢を送り込んだということになれば、これはまさしく、

 

東京セントラル証券 出向編

のスタートを意味しており、これぞ半沢直樹2

 

原作では半沢直樹シリーズの最高傑作と呼び声高い「ロスジェネの逆襲」。

おそらくこの半沢直樹シリーズは、課長島耕作のように半沢自身が頭取になるまでのロングスパンになるかもしれません。

楽しみですね。

 

半沢直樹 最終回 動画


「半沢直樹」 最終話 1_2 投稿者 BkyuDouga

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*