動画 半沢直樹 第9話 大和田常務が激怒!半沢め〜!半沢の鬼手が炸裂!あらすじ ネタバレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、隊長です。

 

盛り上がりまくる半沢直樹。もはや社会現象になりつつあります。

※動画は一番最後にあります。

 

今年の流行語大賞は!

今でしょ!の林先生

今でしょ流行語大賞

 

倍返しの半沢直樹の一騎打ちは間違いなさそうです。

 

さて、前回タミヤ電機の迂回融資に大和田常務の奥さんが関わっているということが発覚しました。

この図。

大和田常務不正

つまり、

大和田常務の奥さんのアパレルの会社ラフィットがかなりの資金を必要となり、まず最初に大和田常務に相談したが、東京中央銀行の融資基準から見るとラフィットはとてもお金を融資できるような健全な会社ではなかった。

 

そこで迂回融資を行った。

迂回融資大和田常務

 

迂回融資とは、銀行が融資できないようなロクでもない相手に顧客を通じて金を又貸しする詐欺行為である。

 

その当時、京橋支店の支店長は現.岸川部長で、大和田常務がうかい融資を指示したに違いない。

 

そこで、半沢は田宮社長の証言をとってくれにかと近藤に打診する。

大和田常務不正

 

田宮社長からしてみても、意味もない3000万の借金を背負わされたわけだから面白くないはずとの「読み」。

 

しかし、その前に金融庁検査を乗り切る為の奇策に打って出る。

 

フォスターからの資本を伊勢島ホテルに受け入れさせることが「鬼手」。

 

及川ミッチーがフォスターの極東責任者と会い、伊勢島ホテルとの交渉を代行。

 

半沢は伊勢島ホテルの湯浅社長説得にあたる。

 

その話を聞いた伊勢島ホテルの湯浅社長は「激怒」する。

大和田常務不正

 

なぜなら、フォスターこそが伊勢島ホテルの再建計画を潰した張本人だからです。

 

実はフォスターは日本進出の足がかりに買収先を探していたので、渡りに船。

 

フォスターのグローバルの予約システムに相乗りする事が可能にある。ナルセンエンジニアリングの代わりにピッタリだった。

 

フォスター傘下に入るという事は、ライバルのお金を受け入れるということ、ライバルの施しを受けるという事だから、湯浅社長のはらわたは煮えくり返ることになるから、湯浅社長も悩む。

 

ただ、湯浅社長は決断する。

 

大和田常務不正

 

フォスターの資本を受け入れる事を決断する。

 

完全に頭に血が登っている大和田常務

大和田常務不正

 

時を同じくして、タミヤ電機の社長に詰め寄る近藤。

 

タミヤ社長は大和田常務にあわてて電話すると「私は関与していない」とにべもない。

田宮社長が崩れ落ちる

 

崩れ落ちる田宮社長。

 

田宮社長は近藤にすべてを証言し、迂回融資の真実を近藤はまとめた。

 

そして、「悪いな大和田さん、近藤さんに全て話させてもらったよ」と大和田常務に嫌みの電話。

大和田常務不正

愕然の大和田常務。

 

大和田常務

暴れる大和田常務1。

 

大和田常務不正

暴れる大和田常務2。

 

ここで二つの事実が決定します。

 

(1)伊勢島ホテルの破綻懸念先に黒崎に指定させることで銀行をピンチに陥れ、中野渡頭取を失脚させ、自分が常務から頭取にのし上がるプランが崩壊する。

(2)京橋支店時代のラフィットに関する迂回融資の件で、詐欺が発覚し、常務の座を追われ、更迭される。

ここで大和田は終わったかに見えます。

 

大和田常務

そして、岸川部長を呼び出し、「少々面倒なことになった」と次の鬼手を繰り出す。

 

大和田常務

大和田常務不正

報告書にまとめて半沢に会おうとすると、大和田常務から呼び出される。

 

料亭にて大和田は、

 

「報告書を表に出さないでくれ。
それだけ君を銀行に戻してやろう」

大和田常務近藤

なりたくはないかね?銀行員に?

 

大和田常務近藤

揺れる近藤。

フラッシュバックする半沢の言葉。

フラッシュバックする奥さんの言葉「子供も寂しがっていたわ…。」

 

そして、受け入れる。

 

「よろしくお願いします。」

大和田常務

 

そして次はいよいよ最終回どうなる!?

 

半沢直樹 9話 あらすじ ネタバレ 大和田常務不正


「半沢直樹」 第9話 投稿者 BkyuDouga

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*