映画『るろうに剣心』京都大火編、最高でした!※ネタバレは無し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

● 人生で見た中で一番感動した映画。

るろうに剣心ネタバレ映画京都大火編

行ってきました!!!

るろうに剣心、京都大火編!!!

ネタバレは皆無だから安心してくれww

これ、おもしろい!

原作LOVE派でも

おぉ、そうきたか!それも全然イケルぜ!

って思いつつ、ちょいちょい
脳内補完していくから
全然問題ないぜ〜

るろうになんざこちとら
週刊少年ジャンプ全盛期のガキの頃から
胸アツくして読んでいましたからね〜。

思い入れが違いまっせ。

期待値コントロールをハナから失敗して、
オーバープロミスになりまくるわけです。

期待しまくり。
目が厳しくなりまくり。

本来ならここで「まぁ映画だし原作ちゃうし」

ってオチになる。そんな映画多い。

しかーーーーっし!!!

高まりまくった期待さらに超えてくるのが
映画版『るろうに剣心 京都大火編』。

前作よりもごっつ良かった。

すばらしい!

※アミューズの先輩、福山雅治も出てきたよ〜。

ーーー

そりゃあもちろんですね。

「もうちょっとここがこうだったら…」って
言いたい事は色々とあるんです。

しかし、

それを満たしてしまうと
反対側が魅力が消えてしまう。

映画ならではの魅力だから。(=長所)
漫画が持っている長所を期待してはいけない。

これって、

恐竜が体が大きくなって、
地上の春を謳歌していたけど、

ちょい体がでかくなりすぎて
自分自身が滅んでしまった!!
というのと構造が似ているかもしれない。

短所を消すと、長所も消えちゃうってハナシ。

よーするに、

この映画「るろうに剣心」は
そのバランス感覚が抜群なんです。

単純に

漫画版を映画版に書き換えるのではなくて
映像ならではのエキサイトメントを注入した感じ。

だから漫画の価値も損なわないし、
映画を見て「原作とちがーう!」って
ちゃぶ台ひっくりかえす事も無い。

漫画版と映画版が相互に補完し合ってる。

原作を映画版にする時は、これが大事なんです。

コンテンツ制作としては大事な事。

ーーー

文章もオモロいけど、
動画もおもろいし、
音声も面白い。

ライブのセミナーもキレキレで面白い。

マンツーのコンサルでは洞察が半端ない。

そんな多方面同時コンテンツで
ユニークな存在になりたいぜ〜。

あ、これは俺の話ねww

改めて自分の目指すコンテンツ制作の方向性を確認しましたね。

まぁ僕のコンテンツなんて
本気エンタメ系の人に比べると
うんこレベルです。

100%勝てません。

だからといって

それが、

この世に僕が存在してはダメな理由にはならない。

僕がこうして生きているという事は、
この世に僕の生み出すコンテンツが
息が吸える空間があるってこと。

僕自身もお客さんに生を与えられている。

まぁ俺の話はどうでもいい。

そんなこんなで『るろうに』良かったっす。

ーーー

なぜ恐竜は滅んだのか?

あ、ちなみに余談なんですけど、

僕、大学論文を書く時に
さっきの長所と短所のくだりを結構調べまして、
先ほどの恐竜のくだりにたどり着きました。

つまり、

恐竜がなぜ滅んだのか?

僕なりに納得しているのは、

体が大きくなりすぎて、反射神経速度の限界を超えた。

これが理由です。

イメージして欲しい。

恐竜が地上の草を喰っていたら、何やらシッポがチクッとする。

なんじゃ?と思ってシッポの方を見ると30メートル先の方で
狼が「俺のシッポかじって喰っとるやないか!」

それを目で確認する。

反射的にシッポをぶんと振って狼を振りほどきたい。

しかし、

目で見る⇒脳からシッポへ神経伝達⇒シッポが動き始める⇒シッポがぶるんってなる

までに数秒のタイムロスがある。

体の大きさと反射神経がズレている。

そうすると、狼もやりやすい。

「おい、アイツのろまだぜ!」ってなもんで
ボクシングのヒット&アウェイ的に

一回かじって、離れ、一回かじって、離れ、
それを繰り返しているうちに、
今度はお腹の方でハイエナが噛み付いて…

みたいな。

体が大きくなりすぎた故にその維持継続が困難になり、
恐竜は体がでかくて天下を取ったがゆえに
それが行き過ぎてしまい短所に変わった…

これが僕の考える恐竜が滅んだ理由です。

なんのこっちゃ。

ーーー

まぁようするに、

映画版『るろうに剣心』は
映画版ならではの長所と、

漫画版から失われた短所が
絶妙のアンバイで表現されており、

いわゆる

Over promise Over deliever.

『大きく期待させておきながら、なお大満足!』

ってすげーことを成し遂げた!って話で。

るろうに、まぢヘイル♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*