【9】コンテンツモンスター実践記3:バイラルメディアを2つ作ってみた

私の特典一覧はこちら

【特典】バイラルメディア制作論【動画】

坂田さんのコンテンツモンスターとして私が奥義だと思っているのが●えなわけですが、これを応用して二つサイトを作って見ました。

バイラルメディアです。

一つは犬のサイト、もう一つはダイエットのサイトです。

こちら片方がうまくいってもう片方が失敗しました。

それは私が奥義の発揮を間違っていたからなのです。

この特典ではコンテンツモンスターの奥義を正しく反映させる為のコツについて、バイラルメディアの観点から語っていきたいと思います。

【8】コンテンツモンスター実践記2:よちよち歩きのコンテンツ制作

私の特典一覧はこちら

【特典】よちよち歩きのコンテンツ制作【動画】

坂田さんのコンテンツモンスターは、その名の通りコンテンツを作る事で稼いでいく…、そのためのスクールになります。

つまり、あなたにはコンテンツを作ってもらわないといけません。

しかし、どうでしょう?

コンテンツを作って下さい。。さぁ!

と言われてもいきなりは作れないと思いますし、えっとコレで良いのか?と手探りながら進む事になります。

コンテンツモンスターで受講していると、この手の「これで合っているのかな?」と不安になる気持ちがチラホラあることでしょう。

大切なのは、コンテンツ制作を楽しむスタンスを早い段階で体得する事です。

このよちよち歩きのコンテンツ制作では、

・一番最初におススメするコンテンツ制作のための某SNSサイトの紹介
・なぜこのサイトをおススメするのか?
・コンテンツ制作を楽しむスタンスとは何なのか?

そのあたりのまさにコンテンツ制作のゼロをイチにするための最適な入門ステップを紹介します。

コレを見れば、あなたも「おぉ、これなら自分にもできる!」と確かな感覚を持ってコンテンツ制作をスタートする事ができるでしょう。

【7】コンテンツモンスター実践記1:メルマガザオラル理論

私の特典一覧はこちら

【特典】メルマガザオラル理論【PDFと音声】

坂田さんのコンテンツモンスターでは、コンテンツの種類には3つあると言います。

その具体的な中身は確認してもらうとして、私がその1つをメルマガで応用して読者からかなり好評をいただいた方法があります。

それがメルマガザオラル理論になります。この特典では、

・配信済みのメルマガを蘇らせるザオラル理論とは?
・一度の配信でバイラルを起こすリンク誘導法とは?
・坂田理論を元にしたコンテンツの入り口の作り方とは?
・メルマガをコンテンツにするさいの自体の使い方とは?

このあたりをサラッと要点を絞って解説しています。

ちなみに言うまでもなく、ザオラルとはドラゴンクエストのあの死者を蘇らせる手法ですね。

ポイントはザオリク(生還率100%)ではなくて、ザオラル(生還率50%)というところ。

私のコンテンツモンスターの特典は、いかにキャッシュに結びつけるのか?ということで構成しているのでメルマガをやっている人は、すぐに活かして頂けると思います^^

【6】コンテンツモンスター実践記0:フライングスタートゼロ

私の特典一覧はこちら

【特典】コンテンツモンスター実践記0:フライングスタートゼロ【PDF+音声】

坂田さんのコンテンツモンスターは、当たり前ですが、あなたがコンテンツを作るための全ての戦略と戦術を提供する本格的なスクールになります。

坂田さん「まずは●●●でコンテンツを作り始めるといいですよ〜」とスクールの前半であるメディアの使い方をおススメしています。

コレは偶然ですが、私がやっていた取り組みがまさに●●●でした!(ラッキー)

自分がこれまで見ていたコンテンツというものの視点が合っていたことにホッとした次第です。

この特典では、私がやっていた●●●の使い方。そして●●●からどうマネタイズしているのか、PDF資料と音声で解説していきます。

私のコンテンツモンスターの特典の特徴は、「いかに学んだ内容をキャッシュに結びつけるか?」という内容になっています。

その実践期のゼロとしてこの【特典】フライイングスタートゼロを学んで頂ければ、あなたのスタートの仕方も良いヒントになるかもしれません。

【5】コンテンツモンスターの参考書となる本を紹介するよ

私の特典一覧はこちら

【特典】コンテンツモンスターが始まるまでに読んでおきたい秘密の書【PDF】

コンテンツモンスターは購入してから実際に講義が始まるまで、最長1ヶ月の待ち時間がくらいあります。

今か今かと待っている間に学習を進めておいた方が本を5冊ほど消化します。

もちろんコンテンツモンスターで坂田さんが解説している概念を補足するようなことを伝えている良書ばかりです。

これは坂田さんからじっくりと学んだ人は分かると思うのですが、坂田さんはインフォ業界、情報業界の人ではありません。

これは私の推測ですが、かなり大手の広告代理店的な思考を持っている人だと思います。つまり、メディア意識。

デジタルサイネージなどの概念に1年以上前に触れていたり、アイドル事務所みたいなこともやっていた(?)り、とかなりエンターテイメント業界に対する造詣が深い方です。

その坂田理論から解説されるコンテンツモンスターは当然、インフォ業界の枠にとどまらず、大手のメディア業界にも通じる理論だと言えます。

だからこそ、坂田さんが語る「メディア」とは何か?ということをある程度とらえておいたほうが良いです。

今回セレクトする5冊は、その良い参考書になると思います。

【4】コンテンツモンスターとみんてぃあ(新田祐士)の共通点を指摘してみた

私の特典一覧はこちら

【特典】コンテンツモンスターとみんてぃあの共通点からみる普遍性2【動画】

【特典】コンテンツモンスターと木坂健宣の共通点からみる普遍性1【動画】に引続き、今度はみんてぃあさんとコンテンツモンスターの比較をしていきながら、探っていきましょう。

コンテンツモンスターを学びながらかなりゾクゾクしたポイントがあります。

それが、みんてぃあさんと坂田さんが言っている事はかなり共通している部分があるという事です。

ご存知の方も多いでしょう。

みんてぃあさんはLUREAというサイトアフィリの教材に、集客の教典というステップメール形式の講座をアフィリエイト特典としてくっつけて、月間2,000本くらい販売していましたね。

この手法は坂田さんの○○○○手法と共通点があります。

坂田さんも、「特典は必ずステップメール形式で渡しなさい!」と言い切っています。

そのステップメールが連動して連鎖していくのが、坂田さんの名作『煉獄〜連続時間型連鎖システム地獄式』でした。

みんてぃあさんは、たぶん感覚的だと思いますが、煉獄の概念も捉えていると思います。

坂田さんがすごいのが、そのみんてぃあさんが感覚的にとらえながら炸裂していたところを、完璧に説明しているということです。そして、みんてぃあさんがすごいのが、坂田さんが理詰めで組み合えていったところを感覚的にやってしまうということです。

このあたりが私がゾクゾクしたポイントであり、ここだ!と確信させるところです。

インフォ業界で成果を出している2人が偶然にも同じような手法を取っている

ということはかなり正解に近いアプローチと言えると思います。

この特典ではそのあたりの共通点に迫りながらビジネスの本質に迫っていきたいと思います。

【3】コンテンツモンスターと木坂健宣の共通点を指摘してみた

私の特典一覧はこちら

【特典】コンテンツモンスターと木坂健宣の共通点からみる普遍性1【動画】

坂田さんのコンテンツモンスターは、かなり芸術性が高く、それゆえに難しく見られる事もあるかもしれません。

また、坂田さんの使う言葉というものが最初はなかなかしっくり来ないかもしれません。

そう言う時は、あなたがこれまで勉強してきた教材や人の言葉と照らし合わせながら学習を進める事が一番です。

今回、比較の対象に選んだのが、私の師匠、木坂さんです。

あ、坂田さんのコレは、木坂さんで言うところのアレだな?

という事が分かれば、コンテンツモンスターの学習および坂田さんの世界観にもスムーズに入っていけるでしょうし、木坂さんの教材の理解もまた、進む事でしょう。

このあたりは相互に影響を与え合う事、間違い無しです。

私は、2006年から木坂さんの教材を買っており、マスタークラスにも参画していますからかなりの木坂マニアです。

・ネットビジネス大百科
・PPC大百科
・ブランディング大百科
・License to Steel Copywriting Master Class(※隠れた名作!
・DRM Master Class
・Delivering message from Hell(※隠れた名作!
・Creative Writing Master Class
・Feel English Master Class
・Consulting Master Class(※私に革命を起こした講座!
・Stay Gold
・Wake Up

何より私自身がコピーライターとして独立し、仕事をし、メシを食っていますから、木坂さんの翻訳者としてある程度は語れると思います。(※言うまでもなく木坂さんの根っこはコピーにあります。)

この特典では、コンテンツモンスターと木坂さんの共通点を解説しながら、ビジネスの普遍性に迫っていきます。

YouTubeの再生回数を増やす6つの方法をまとめてみた。

隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


 

こんにちは、隊長です。

YouTubeで再生回数を増やす方法は6つあります。

これらを駆使すると、月間60万再生くらいならば半年で到達可能です。

それではいきなりノウハウ書いていきます。

【最新】Youtubeの再生回数を増やす方法【裏メルマガ】⇒ 入り口はこちら

 

1.関連動画を攻略する

Youtubeの再生回数を増やす方法として、その筆頭に上げられるのがこの関連動画攻略です。

これには2つの意味があります。

①自分の動画が再生されたとき
②他人の動画が再生されたとき

ここは超重要なのでガッツリと書きます。(長いのでそのつもりで^^)

自分の動画が再生されたとき

自分の動画が再生されたとき、関連動画がきちんと攻略されている時は、どうなるかというと。。。

自分の動画が関連動画に表示される

上の画像ように自分の動画が関連動画に数多く表示されます。

そのことで一人のユーザーが次々と他の動画を見てくれる(=のべ再生回数が増えます)

他人の動画が再生されたとき

むしろあなたが興味あるのはこちらでしょう^^

他人(ライバル)の動画が再生されたとき、関連動画がちゃんと攻略されている時は、どうなるかというと。。。

他人の動画が再生された時に自分の動画が表示される

上の画像のようにしっかりと、私の動画が右側にちゃんと存在しています。

このライバルの動画が回れれば回るほど、私の動画の再生回数が増す事になります^^/

アクセス解析を見てみると

アクセス解析を見てみると、同ジャンルのライバルの動画からたくさんアクセスが来ていることが分かります。

他人の動画の関連動画

“損して得とれ”関連動画攻略のやり方!

それでは具体的なやり方ですが。

これはちゃんと本質を理解しないとできないですから、じーーーと読んで下さいね^^

説明文とタグを設定していくことで、他人の人気動画の関連動画に自分の動画を表示させる確率がぐぐっと上がります。

で、結論。

あなたから先に、ライバルの動画にアクセスを送って下さい


これ意味分かります?

「はぁ?なんで他人の動画にアクセス送らんとあかんのや!なめとんか!(炎_炎)」

って思った人は、Youtubeのメリットをまったくいかせていません。

関連動画の仕組み、分かってますか?

Youtubeのロボットが、Aという動画とBという動画が何を持って関連性があると判断するのか

ここが本質です。

それは、

A⇒Bに実際にユーザーが流れた時ですよね?

その動きをYoutubeのロボットはちゃんととらえています。

それを利用するわけです。

損して得取れ作戦と呼ばれるゆえんがこれです。

あなたから見て最も「くっそー、コイツうまくやっとるな〜」と感じる、同ジャンルのライバルの動画に「説明文」からリンクを送って下さい

そうすれば、ライバルでめちゃめちゃ再生回数が回っているBとあなたの動画Aが結びつきますよね?(=誘導実績)

ということはロボットは、ライバルの動画とあなたの動画が関連があると判断します。

そうするとライバルのBの関連動画表示にあなたの動画Aが出ます

ほら、得が帰ってきた^^

2.タグを攻略する。

こちらは必要充分なタグを入れておきながら、自分だけしか使わないタグを入れるということです。

これが先ほどお伝えした1の①でお伝えした「自分の動画の再生画面の右側を自分の動画で埋め尽くす」方法です。

たとえば、私のハンドルネーム「隊長」

このタグを入れる。

「隊長」をタグにいれる人は私以外いないでしょうww(あたりまえ)

このようなタグの入れ方しておくとあなたの動画が再生された時に関連動画に、あなたの他の動画が表示されやすくなります。

あなたの動画が30個あったとしてその中のたった一つがブレイクすれば、あとは関連動画表示を伝って他の動画の再生回数も順次上がってくるというわけです。

再生画面の右側の欄が、あなたの動画で埋め尽くされるわけです^^

3.コメント欄を攻略する。

これは「コメントが入りやすい」ことを想定して動画を作るということです。

つまり、これはタイトルでユーザーに問いかければいいのです。どっちが好き?って。

「どっち?」と聞かれれば、「こっち」と答えたくなるのが人間です。

動画のネタ選びの段階で、すでにタイトルにともにイメージしながら作りましょう。

アノテーションでコメントを促進

もちろん、動画の中でもコメントを促進させるアノテーションを入れておきましょう。

 

4.Google+を攻略する

そして意外に忘れがちなのは

YouTubeはSNS化しているという事実です。

コレを見て下さい。

Youtubeにログインすると、右上の星の部分に数字が。。。

YouTubeとGoogle+

コレをクリックすると、

YouTubeのコメントがGoogle+

こんなふうになっています。

つまり、YouTubeにログインした状態でコメントを入れると、そのままコメントを入れた人のGoolge+のウォールに流れるのです。

ということは、

コメントが入れば入るほど、Google+にその都度、流れていくということです。

これは大きいです。だから3と4は密接に関連しています。

 

5.アノテーション&説明文を攻略する

アノテーションってただ言葉をいれるだけじゃなくて、

誘導言語

だってことを意識しましょう。

具体的に動画を見た人に何をして欲しいのか?考えながらいれましょう。

YouTubeのアナリティクスのアノテーションをクリックすると、、、

Youtubeアナリティクス

ちなみにさきほどのアノテーションの動画はこのような誘導実績になっています。

YouTubeアノテーションの使い方

クリック率1.35%ですから、100再生で1〜2人の誘導ですね。

少し良くありません。

最低3%、最大10%くらいまで高めれるようにしましょう。

こんな感じになるとOKです^^

アノテーション誘導LP

こちらは私のメルマガリスト取りの動画ですからさすがに安定しています。

動画ひとつでアクセスを稼ぐと同時に、リストも自動的に取得してくれます。

リスト取り機能を持たせた動画のことをランディング動画と読んでいます。

このLVを量産し、安定的にリストを獲得し続けるのが私のノウハウのもう一つの肝になりますね。

 

6.チャンネル名を攻略する

再生回数を増やす方法で最後に来るのは、チャンネル名です。

変にオリジナルのチャンネル名をつけてもダメ!

ちゃんとYouTubeユーザーの気持ちを考えて「おぉ面白そうじゃん!」って思える名前をつけてあげると、チャンネル登録がグイグイ増えるわけですから。

チャンネル登録者数が1000名いれば、当然再生回数は最低1000回回るよね?

以上かな。

もし、まだYoutubeの理解が甘いな〜って思った人は、この講座をちゃんと勉強して下さいね。
▼▼
隊長のYoutubeメルマガの入り口 ⇒ こちら


【2】コンテンツモンスター初心者でも参加OKな理由とは?

私の特典一覧はこちら

コンテンツモンスター初心者1

【特典】曇無眼〜初心者がコンテンツモンスターをムダなくモノにする方法【動画】

コンテンツモンスター初心者2

坂田さんの教材は、煉獄、サンダーバードアフィリエイト、stclubなどを非常に高度な思考を要求され、中級者向けだと思っている人もいるかもしれません。

しかし、このコンテンツモンスターは違います。

コンテンツモンスター初心者3

この特典、【くもりなきまなこ】ではあなたが仮に初心者であった場合、コンテンツモンスターが始まるまでにしておいた方が良い事、講座に着いていけるような準備体操的なコンテンツになっています。

そして、この準備体操が本編の奥義【●●】にもつながっていきますので、謎解き推理小説型コンテンツとして楽しんでもらえると思います。

【1】コンテンツモンスターの評判について「好評と悪評」

私の特典一覧はこちら

評判

【特典】評判コントロールマトリクス2014【動画】

評判コントロールマトリクス

坂田さんのコンテンツモンスターの口コミや評判というのはあまりネット上にありません。

コンテンツモンスターという言葉でGoogle検索してもほとんど情報が出てきません。

なぜでしょうか?

コンテンツモンスター評判

あなたが自分で商売をする時に「匿名」のままで稼ぐ事は可能です。

現に私は、ペンネーム「Youtuber 隊長」でやっているわけですから。

それについて解説した特典コンテンツになります。

 

私の特典一覧はこちら